神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

水彩画風のイラストを入れた紙袋

Lesson11-04

ブラシで
水彩画風に
色を塗る

フリー素材のイラストに手を加えて、水彩画風にアレンジする方法を解説します。いよいよ色を塗ってイラストを完成させます。水彩画風にするには、塗りすぎないことがコツです。はみ出したりしていても、それが水彩っぽさになるので、臆さずどんどんやってみましょう!

グラスは少し立体を意識して塗る

サンデーグラスに何となく立体感を持たせます。

立体を多少は意識して、このように塗ってみました。

かみちゃん
かみちゃん: 絵心はありません。マジで適当です。

グラスの中のソースは、少し深い色

いちごソースのパフェにします。ブラシは太さも色々と変えながら使って下さい。

赤い色を塗ったら、先ほどのグラスの水色が強すぎることがわかったので、少し青みを押さえました。

リアルな水彩画と違って、やり直しがいくらでもできるのがいいところですね。

ブラシが沢山になりそうなら、パーツごとにレイヤーをわけておくといいですよ。

クリームは立体的に塗る

立体的に見えるように、クリームの左側、下側を中心に色を塗ります。

あまり沢山の色を使う必要はありません。

これは、同じピンク色を2つのブラシで塗っています。

クッキー、ウエハース、チェリーを塗って完成

基調となっているのが赤系なので、同系色にしすぎるとぼけた印象になります。

華やかさを出すために、使っていない色を使ってみましょう。

ウエハースはオレンジ系、クッキーはグリーン系にしました。

グラスの下に薄い水色で影をつけて完成!

とっても簡単ですし、なんとなくそれっぽいですよね!?

手数は少ない方がいい!その理由は…

できるだけ少ない回数で塗るようにしましょう。ブラシを多様するとデータが異様に重くなってしまうからです。 一枚のファイルに数百回もブラシを使うと、保存したり拡大縮小したりするたびにブラシ適用の時間が必要になります。 PCのスペックが足りないと、作業が大変になってしまうんです。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る