閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

カンプとは、製作物の見本のこと

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

カンプとは、製作物の見本のこと

メニュー 閉じる

かんぷ

【カンプ】

デザインの製作進行の中で、デザイナーがクライアントに提出するデザインの見本のこと。
デザインカンプとも言う。
製作段階でこれを確認し、発注通りになっているか、イメージが合っているかを確認する。昔は印刷された「紙」のカンプだったが、デザインがデジタル化されて以降はデータであることの方が多い。

デザインは、言語化しづらいイメージを発注していることも多いので、デザイナーと発注主のイメージに相違が生まれることがあります。「ロゴとマークだけを使ってシンプルに。高級感のある紙袋」という発注から色々なデザインが生まれます。
そのため、通常はデザイナーからいきなり納品物が送られてくることはまずありません。
まずデザイナーはカンプを送ってくれます。
カンプはデザイン1パターンの場合もあれば、複数パターンの場合もあります。通常は、複数の提案を受けたい場合は別料金になります。

カンプが提出されたら、発注主はそれをチェックしてデザイナーに指示を出し、イメージを摺り合わせていきます。
「なんか違うんだよね~。とりあえずやり直して」と言われてもデザイナーはヒントがないので途方に暮れてしまいます。どの部分がよいと思ったのか、どの部分が違うと思ったのか、細かく指示を出すと完成までが早いです。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    デザインを発注すると、だいたい次の順番で提出物があがってくる。
    ラフ(構成案)→カンプ(デザイン案)→最終デザイン(校正データ)→入稿データ

  • 例文 2

    カンプとラフはまったく別物である。

  • 例文 3

    「カンプ出しておいて」

  • 例文 4

    カンプとよく間違えられる言葉に「ゲラ」がある。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021