神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

落款を押したような和風デザイン

Lesson8-02

マスクをかけて
画像を配置する方法
その1

背景に和紙の素材を置いて、筆書きのようなキャッチコピーを入れ、落款風にロゴを入れた和風のデザインのやり方をご紹介します。画像素材を使う時の注意点は、レッスン8-1をご覧ください。ここでは、和紙の素材を配置していきます。

和紙の素材が一番広い面より大きいかどうかを確認する

レッスン8-1では、和紙の画像素材をillustrator上に適当に配置してみて、サイズ間を確認しました。

このままでは正面だけに画像を配置するとしても、左右の幅が足りませんが、和紙の画像を90度回転させれば、収まりそうです。
回転させてみましょう。

一番大きい面である正面の大きさをカバーしているので、これならいけそうですね!

かみちゃん
かみちゃん: ここで一番広い面より小さい場合、120%くらいまでなら画像を拡大してもかまいません。ですが、それ以上拡大しなければならないようであればその画像素材は諦めましょう!

正面、背面、マチ、底の長方形を描く

この和紙の画像素材を使う場合、長方形はすべての面に一枚ずつ配置することになるので、面ごとに細かく分割した長方形を描きます。
ひとつひとつ描かなくても大丈夫です。
このデータには、点線で描かれた四角形がすでに用意されています。
「点線サイズレイヤー」のロックを解除して点線の四角形をコピーし、「点線サイズレイヤー」を再びロック、「デザイン入稿レイヤー」の同位置にペーストします。 これをそのまま使えます!

画像を任意の形状だけ出す。クリッピングマスクとは?

クリッピングマスクとは、画像を任意の形状に切り抜いたように見せること。
実際には画像は切り抜かれているわけではなく、窓から画像が顔を出しているような状態になります。

画像自体は無傷で残っているので、マスクは何度でもやり直せますし、画像を動かして出したい部分を変更することもできます。

 クリッピングマスクは、画像と上に置いたオブジェクトを両方とも選択し、「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」を選択します。
このクリッピングマスク機能を使って、さきほどの和紙の素材を紙袋の形にしていこうというわけです!

クリッピングマスクはillustratorでは
必須のテク!

レッスン8にしてやっと出てきたんですが、実はクリッピングマスクはillustratorでは基本中の基本ともいうべきテクニックです。これまでクリッピングマスクが出てこなかったのは、画像素材を使っていなかったため。画像素材は解像度によっては使える物と使えない物があるので、この講座では避けてました。やってみたい方のために、解像度については、こちらのページで詳しく解説しています。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る