INOUE Present Special Contents
テレビ大阪様の紙袋製作事例とお客様の声

COMPANY INFORMATION

社 名:テレビ大阪株式会社(発注会社:有限会社ユタカプロモーション)
設 立:1981年1月
本社所在地:大阪市中央区大手前1-2-18
従業員数154名(2016年4月時点)

番組の顔、「豆助」の可愛さを全面に!
四面異なるデザインです

伝統工芸やマナーなど、日本の良さをテーマにしたクイズ番組「和風総本家」。全国放送されていますが、製作はテレビ大阪様です。ご存知でしたか? この番組のキャラクターは、唐草模様の風呂敷を巻いた柴犬「豆助」。この大人気の犬を中心に据え、四方向からの視点で印刷しました。豆助ファンにはたまらないデザインですね!

テレビ大阪様にオーダーいただいた
紙袋のスペック

カテゴリ 規格サイズオーダー(中サイズ)
業種 テレビ局 都道府県 大阪府
業種 テレビ局
都道府県 大阪府
枚数 5,000枚 製品単価/枚 非公開
枚数 5,000枚
製品単価/枚 非公開
用紙 A2コート紙157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ300mm
印刷 4色
表面処理 マットPP
提げ手 穴タイプ、紙三本ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

使用した用紙について

A2コート紙157g/㎡

写真を印刷するなら、再現性の高いコート紙が断然おすすめ。豆助のフワフワころころした可愛さは、鮮明な写真でないと魅力が最大限に引き出せません。厚さも印刷適性も、ベストな紙だと思います。

提げ手紐と取付方法

穴タイプ 紙三本ヒモ

提げ紐は、軽くて丈夫で張りのある紙三本ヒモを使用しました。アクリル丸ヒモと違って芯を入れなくても綺麗にピーンと立つので、低コストなのに使い勝手の良い紐です。

印刷・表面加工について

印刷:4色 加工:マットPP

フルカラーで豆助を印刷しました。正面、後ろ、左右のマチ、すべてに表情の異なる豆助がいるのが、何とも愛くるしいですね。ふんわりとしながら、引き締めるところは引き締める印刷ができたと思います。

お客様インタビュー

Q今回はどのような紙袋をお探しでしたか?

A:『和風総本家』という番組のオリジナル紙袋です

有限会社ユタカプロモーションの取締役、大竹正躬さんにアンケートにお答えいただきました。ユタカプロモーションは、テレビ大阪のプロモーションを手掛けている会社です。 「テレビ大阪から、『和風総本家』という番組のコンサートを開催するにあたり、販促物としてオリジナル紙袋を製作したいとの依頼があったので、リーズナブルでグレードの高い紙袋業者を探していました」

Qどのようにして井上工業所を知りましたか?

A:インターネットでランダムに検索しました

沢山の中から見つけていただき、ありがとうございます。地元大阪の会社様ということで、親近感を持っておりました。弊社のお客様は、大阪の方が沢山います。 ご紹介でお客様が増えていくということもありますが、やはりお客様からしても、遠方の会社より近くの方が安心感があるのかもしれませんね。これからもご縁を繋いでいただきたく思います!

Q井上工業所の対応はいかがでしたか?

A:わかりやすかったです

「紙袋の製作手順に関して、素人にもわかりやすく納得のいく説明を受けました。電話では顔が見えないぶん、丁寧に時間をかけて対応していただきました。
お褒めの言葉ありがとうございます。納期ギリギリの発注は意外と多いので、できる限りお応えできるようにしています!

Q井上工業所にメッセージをお願いします!

井上工業さんは、ただ紙袋を製作するという業者の立場にとどまらずクライアントが紙袋を使用する時のことまで考えて 愛情をそそいで、仕事をされていらっしゃることに感動いたしました。それは現場を見なくても対応等で伝わってくるものでした。
これからも、未知の方々に向けて前進してください

制作前のワンポイントアドバイス

紙袋の印刷範囲は、紙の表面すべてです。底まで使って絵柄を入れることができますし、折り返しの部分にも文字や絵を入れることができます。 折り目の部分ギリギリに文字を印刷すると、万一版ずれした時にゆがみが目立つので避けた方が無難ですが、1mm以上ずれるようなことはありません。

テレビ大阪様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る