神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

木版画調のほっこり紙袋

LESSON19-2

円を欠けさせて
歪ませ
蓮の葉を描く

柔らかい曲線でできたイラストを木版画のようなテクスチャーを付けて配置し、かわいらしくほっこりしたデザインの紙袋を作ります。2回目は、歪みのある柔らかな蓮の葉っぱを描きます。正円を描いて欠けさせて「ラフ」で歪みをつけるだけなので、とっても簡単です。

正円と三角形を組み合わせて葉っぱを描く

レッスン19-1では、レンコンのイラストを描きました。次は蓮の葉っぱを描きます。
これもレンコンと同じように、楕円ツールで描いた円を加工するだけです。

下のように、円と三角形を描きます。

解説イメージ

これを重ねます。三角形の底辺が円からはみ出すようにします。三角形の幅や高さをバウンディングボックスで感覚的に調整して、下のような形にします。

解説イメージ

パスファインダー」の「前面オブジェクトで型抜き」をクリックすると、
パックマンのような形になりました。

解説イメージ

ラフとブラシで味をつける

レンコンのイラストを作った時の要領で作業します。
効果」→「パスの変形」→「ラフ」を選択して、ポイントを「丸く」します。
プレビューにチェックを入れて、様子を見ながら数値を入力。
形を歪ませます。

解説イメージ

蓮の葉も二枚作ります。
同じ数字でラフをかけても結果はランダムなのですが、もう少し変化を付けるために数字を少し変えました。

解説イメージ

オブジェクトを選択して、「塗りと線」の線を選択。
塗りと同じ色にします。
レンコンのイラストと同じく、「ブラシ」の中から「木炭画-ぼかし」を選択して、イラストのフチにかすれた模様を付けます。
見た目が完成したら、レンコンと同じように下の作業をします。

1「オブジェクト」→「アピアランスを分割
2「オブジェクト」→「複合パス」→「作成

解説イメージ
かみちゃん
かみちゃん: これで、手作りするパーツは完成です。簡単でしょ?

かすれたフチの線は、あってもなくてもかまいません

フチのかすれは、インクのはみ出したような味を出したくてつけています。そういう版画だとするなら、それでいいのですが、パキッと版が出ている絵がお好みなら、この線はなくてかまいません。浮世絵を見ればわかる通り、木版でもパキッとくっきり境界線が出ている版画は沢山ありますから、お好みでどうぞ。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る