研究機関様の紙袋の事例を紹介します【I-617】

研究機関様の美しくオシャレな紙袋

抗酸化作用のある天然素材の研究・開発をされている研究機関様の紙袋事例です。 予防医療やアンチエイジングの分野で人々の健康に貢献されてきました。 海外にも多数の支社をもつ企業様です。 500枚と少数での製作なので、展示会などのイベント時に使用されるのでしょうか。 サプリメントなどを入れるのに適した小ぶりサイズを220ワイドで製作しました。

美しい白紙で企業様の清らかなイメージをアピール

画像では分かりにくいのですが、シンプルながらもこだわりの3色を使用しています。 企業様のイメージカラーである赤色を際立たせるために、サイド部分に載せたURLは黒色にされました。 またクライアントには化粧品会社様や医療機関なども含まれているので、特に信頼感や誠実さといったイメージが求められるのでしょう。 用紙には白色度がアップしたミューコートネオスを選ばれました。 白色は病院などでも多用されているように、人々の心を落ち着かせたり清潔感や誠実な印象を与えてくれます。

使用した用紙について

ミューコートネオスで真っ白な美しさを堪能

ミューコートネオスとは、写真の美しさが映えるよう、白さがアップされた紙です。
コート紙の一種になります。
印刷面とのコントラストがより鮮明になるので、ロゴや企業名を強調したい場合に最適です。
もちろん写真を印刷する際にも適していますが、今回のように白紙部分が多いデザインでも全体を美しくまとめてくれるのでオススメでしょう。

使用した用紙について

太さのあるアクリル丸ヒモでデザイン性を高める

アクリル丸ヒモは衣類によく使用されているので、アパレル関連の企業様にはお馴染みのデザイン性の高い素材です。
今回は8×8のやや太めサイズを使用しました。
特に指定がない場合は、一般的な4×4を使用します。
太さをもたせるとより存在感が増すので、オシャレ度をあげるアイテムとして起用されることが多いです。

使用した用紙について

マットPP加工で落ち着いた印象をプラス

ミューコートネオスもコート紙の一種なので、印刷の割れを防ぐために表面加工が必須になります。
今回はマットPP加工を選ばれました。
光沢がなく落ち着いた印象を与えます。
グロスタイプのように印刷の発色を良くする効果はありませんが、光が細かく屈折するので野外でも反射が少なく印刷面が見やすいという利点があります。

この商品のスペック

カテゴリー 220ワイド
業種 研究機関 都道府県 東京都
業種 研究機関
都道府県 東京都
枚数 500枚 製品単価/枚 180円台〜
枚数 500枚
製品単価/枚 180円台〜
用紙 ミューコートネオス紙157g/㎡
サイズ 幅220 ×マチ120×高さ195mm
印刷 3色印刷
表面処理 マットPP加工
提げ手 アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

ハイセンスな紙袋でした。
ビジネスシーンで使用される紙袋といえども、化粧品会社様ともお取引のある企業様なので高いデザイン性も求められてたのかもしれません。
コストを抑えつつオシャレな紙袋を製作するコツは沢山あります。「激安紙袋の作り方」ページでまとめているので、ぜひご覧ください。

研究機関様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る