カフェ店様の紙袋の事例を紹介します【I-597】

カフェ店様の真っ白な世界の紙袋

福岡県に店舗をかまえる、カフェ店様の紙袋事例です。 テイクアウトメニューの販売用紙袋でしょう。 またはTシャツや巾着などの物販コーナーも店内にあるそうなので、そういったものを入れるのかもしれません。 220ワイドで製作しました。 ドリンクだけでなく、小さなアパレル用品なら収納が可能な小ぶりサイズになります。

お店のコンセプトがハッキリ伝わるデザインです

その名の通り、真っ白な外観に真っ白な店内、ミルやエスプレッソマシンなどの什器に至るまで白で統一されているカフェ店様です。 もちろん紙袋も真っ白にこだわり、片艶晒クラフト紙の良さを活かしたデザインで仕上げました。 元からある淡く自然な光沢は、いやらしくならずに輝きをプラスできるのでより白が映え、独自の世界観にもマッチしています。 店名は細く繊細な筆記体なので、強調よりも調和といった印象です。 お店のコンセプトがハッキリと伝わる素材選びでした。

使用した用紙について

ツルりとした自然な白紙の片艶晒クラフト紙

平滑処理によって表面がツルりとした片艶晒クラフト紙を使用しました。
淡い光沢と印刷適正の高さが特徴であり、最も安価な点が魅力の素材です。
コート紙ほどの高級感や印刷の再現力はないものの、今回のように店名だけのシンプルなデザインや自然なコンセプトなら、こちらが最適でしょう。
いいこと尽くめで不動の人気を誇ります。

使用した用紙について

紙単丸ヒモで細い筆記体の印刷とベストマッチ

提げ紐は直接手に触れる部分なので、良くも悪くもとても目立ちます。
アクセント使いにされる際には良いのですが、印刷をメインにしたい場合などには細めの紐を選ばれると良いでしょう。
紙単丸ヒモはもとから細く華奢なシルエットで主張が激しくありません。
また今回は繊細な筆記体の印刷とよく合い、まとまった印象になりました。

この商品のスペック

カテゴリー 220ワイド
業種 カフェ 都道府県 福岡県
業種 カフェ
都道府県 福岡県
枚数 1000枚 製品単価/枚 60円台〜
枚数 1000枚
製品単価/枚 60円台〜
用紙 片艶晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ260mm
印刷 1色
表面処理 なし
提げ手 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

シンプルながらもお店のコンセプトが伝わる紙袋となりました。
今回のような1色印刷はコストを抑える方法として、とても効果的です。
また多数あるカラーの中でも、黒色が最も安価になります。
微々たる差ですが塵も積もれば山となるでしょう。
他にも多数の激安紙袋事例がございます。参考にしてください。

カフェ様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る