不動産開発会社様の紙袋の事例を紹介します【I-58】

不動産開発会社のカレンダー用紙袋

オフィスビルや商業施設などの大型不動産開発をしていらっしゃる会社様の紙袋です。2016年のカレンダーを配布するために製作されました。幅は10.5センチ。ここまで細いものは機械生産できませんので手作業です。そのためやや割高ですが、それだけぴったりサイズにできました。

カレンダーを紙袋で配布。
特別感が出ます!

カレンダー用の紙袋として製作されました。弊社の紙袋では、細長いものはボトル用紙袋があり、幅は12センチです。こちらはそれより細身をということで、10.5センチ幅をフルオーダーで作りました。マチは10センチですので底はほぼ正方形。筒状のカレンダーにぴったりの大きさです。年末年始に銀行さんや保険屋さんからいくつかカレンダーをもらいますが、たいていポリ袋に入っただけのほぼ裸ですよね。こんな紙袋に入れてもらったら、カレンダーの価値も高まりそうです。式典で配布する時にもいいですね!

使用した用紙について

柔らかさを感じる
晒クラフト紙

アップにするとわかりますが、ふわりとした手触りの晒クラフト紙を使用しています。120g/m2という厚さは、紙袋用として平均的なものですが、かなり幅が細い形状なので実際よりも肉厚に感じます。ハリがあるので、置いた時にしっかりと形状を保って自立します。

使用した用紙について

PPだけれど環境に優しい
こんな紐もあります

この紐は、オーダーフォームの中にはないのですが、ネオティッシュというPPヒモの一種。通常のPPヒモよりもダイオキシンの発生を抑えた素材です。フォームにない素材でも、お客様のご希望があればできる限り沿います。特殊なご用命は問い合わせフォームよりご相談下さい。

この商品のスペック

カテゴリー ジャストニーズフルオーダー
業種 不動産開発会社 都道府県 東京都
業種 不動産開発会社
都道府県 東京都
枚数 3,500枚 製品単価/枚 80円台〜
枚数 3,500枚
製品単価/枚 80円台〜
用紙 晒クラフト紙
サイズ 幅105×マチ100×高さ425mm
印刷 2色(特色)
表面処理 なし
提げ手 穴タイプ ネオテイシュ
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

不動産開発会社様の、細長い紙袋をご紹介しました。
筒状カレンダーを入れるのに最適な形は、フルオーダーで製作しました。
ここまで幅の細いものも弊社なら可能です。
フルオーダーの紙袋事例はこちらからもご覧下さい。

不動産開発会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る