アパレルショップ様の紙袋の事例を紹介します【I-567】

アパレルショップ様のスタイリッシュな紙袋

オンライン販売をされている、アパレルショップ様の紙袋事例です。 ただの販売店様ではなく、素材からシルエット、デザイン、全てをこだわられて一から制作されているそうです。 店頭販売されるイベントにも精力的に出展されているので、そういった際に販売用として使用される紙袋かもしれません。 220ワイドで製作しました。

お店のコンセプトに合ったモノトーン調デザイン

ウェブページを拝見すると、紙袋のデザインと同じくモノトーン調のスタイリッシュな洋服を多く取り揃えられています。 「流行にとらわれない独自の世界観」という、お店のコンセプトがダイレクトに伝わるでしょう。 表裏は同じモノトーンなのに、白黒どちらの使用面積が多いかでこんなにも印象が変わりました。 紙袋のデザインは無限大だということに、改めて気づかせてくれるデザインです。 表裏どちらにもショップURLを記載しているので、どちらを表にして持ち歩いても宣伝効果が得られます。

使用した用紙について

美しい白紙のA2コート紙でデザインを完成させる

今回は表裏ともモノトーンで仕上げられているので、もちろん白紙も大切なデザインの1色となります。
そこで美しいA2コート紙を使用して、じっくりと見てもらいたい上質さをプラスしました。
あえて手書き風に描かれた繊細な白抜きや白線も、ボヤけずに忠実に再現されています。
印刷適正の高い用紙ならではでしょう。

使用した用紙について

アクリル丸ヒモでオシャレに高級感をプラス

アパレルショップ様にはお馴染みのアクリル丸ヒモを使用しました。
特にこちらは製作もされているので、日常的にある紐ではないでしょうか。
しかし使い捨てが前提とされる紙袋の紐としては、とても高級感があります。
黒色を選ばれたことで、デザインと一体化してグラフィックが抜けだしてきたようなオシャレな印象になりました。

使用した用紙について

マットPP加工で印刷面をオシャレに保護

コート紙を使用された場合、必ず表面加工をお願いしています。
それに伴いコストもやや上がりますが、折れ目部分から印刷の割れがおきて、せっかくこだわられたグラフィックに白い筋のようなものが出て台無しになってしまうので、ご了承ください。
マットPP加工は上品さがプラスされ、得られる効果はコスト以上でしょう。

この商品のスペック

カテゴリー 220ワイド
業種 アパレルショップ 都道府県 東京都
業種 アパレルショップ
都道府県 東京都
枚数 1,000枚 製品単価/枚 120円台〜
枚数 1,000枚
製品単価/枚 120円台〜
用紙 A2コート紙157g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ320mm
印刷 1色
表面処理 マットPP加工
提げ手 アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

今回はオプションで底には段ボール台紙を追加しました。
よっぽど重たい物を入れない限りは、なくても底が抜けるようなことは滅多にありませんが、薄めの用紙を使用しても自立するようになるので、高級感や見栄えはやはり違います。
ぜひたくさんの過去事例を参考にして、ご検討ください。

アパレルショップ様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る