飲食店様の紙袋の事例を紹介します【I-557】

飲食店様のモノトーンで素敵な紙袋

福岡県で複数の串焼きの店舗を経営する会社様の紙袋事例です。 220ワイドで製作しました。 規格サイズの中で最もマチが広いことが特徴です。 串焼きの配達も行っているそうなので、やはり品物を安定して持ち運べるよう配慮された結果なのでしょうか。 A4サイズ書類もギリギリ入る幅なので、一緒にパンフレットなんかも入れてお届けできます。

コストを抑えてるとは思えないオシャレな印象に

全体をモノトーンでまとめて、オシャレな印象です。 表紙だけでなくサイド部分にも英字を多用しているので洋風の雰囲気になるかと思いきや、黒色で擦れたように社名を表現したことから、まるで習字のような和風スタイルとなりました。 和洋の融合で、外国人のお客様にも喜ばれそうですね。 お土産物店様などにも参考にしていただきたいテクニックでしょう。 このハイセンスな紙袋が単価40円台~と驚きの破格値で仕上がり、とてもご好評をいただきました。

使用した用紙について

薄めの片艶晒クラフト紙でコスト削減

コスト・印刷適正・強度どれをとっても優れていて、バランスのとれた片艶晒クラフト紙を使用しました。
今回は100g/㎡とやや薄めにして、更にコスト削減を図っています。
中に入れるものが液体ビンのように重いものでなければ、強度に全く問題はありません。
見た目に変化がなく単価を落とせるので、オススメのテクニックです。

使用した用紙について

黒いPPヒモで安価に高級感を演出

最も安価なPPヒモを使用しました。
白いPPヒモは荷造り用の紐としてのイメージが強く、どうしてもややチープな印象になりがちです。
しかし今回は反対色である黒色を使用して、そのネガティブなイメージを上手に払拭しました。
それどころか高級感さえ感じられます。
全32色のバリエーションからお選びください。

この商品のスペック

カテゴリー 220ワイド
業種 飲食店 都道府県 福岡県
業種 飲食店
都道府県 福岡県
枚数 2000枚 製品単価/枚 40円台〜
枚数 2000枚
製品単価/枚 40円台〜
用紙 片艶晒クラフト紙100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ250mm
印刷 1色
表面処理 なし
提げ手 PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

今回は全体的にコスト削減を意識した素材のチョイスで、単価40円台~まで抑えることに成功しました。印刷カラーは黒色が一番安価になります。微々たる差ですが、塵も積もれば山となるので覚えておいて損はないでしょう。
他にも220ワイド事例はたくさんあります。たくさんの事例をご覧になってください。

飲食店様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る