寺院様の紙袋の事例を紹介します【I-551】

寺院のイベント用紙袋

茨城県にある寺院様の紙袋事例です。 「知恵授けの十三詣りの名所」として全国に知られている有名な寺院様だそう。 毎年、参拝者はかなりの数でしょう。 お宮参りや厄除けなどの護摩祈願を受けられた方にお渡しする、授与品を入れるための紙袋なのかもしれません。 35000枚とまとまった枚数でのご注文でしたので、日常使いであることが予想されます。

コストを抑えつつ伝統感じる雰囲気を演出

西暦807年、なんと平安時代からの歴史をもつ寺院様です。 やはり厳かな雰囲気の漂う仕上がりとなりました。 持ち手が縁起の良い朱色なことから、授与品を入れるのにピッタリのデザインです。 フルオーダーを使用して、260ワイドよりもマチを2cmほど狭く設定されています。 茨城県の民芸品、木製の玩具「真弓馬」や「宝舟」が授与品として用意されているそうなので、そういった繊細な物が中でガタガタと動かないように、との配慮なのかもしれません。

使用した用紙について

安価でコスト削減に向いている片艶晒クラフト紙

片面に平滑処理を施して薄っすらとツヤのある、片艶晒クラフト紙を使用しました。
和のイメージには平滑処理をしていない晒クラフト紙の方が、和紙のような手触りがあり人気です。
しかし表面加工を追加するのであればその質感は変わるので、あまり関係ありません。
より安価な片艶晒クラフト紙の方がコスト削減には適しています。

使用した用紙について

紙単丸ヒモでさりげなくアクセント使い

和のイメージによく合う、紙素材の紙単丸ヒモを使用しました。
印刷カラーとは反対色の朱色でアクセントに。
ちょっとしたポイントですが、こういったひと手間が紙袋全体のデザイン性を一気にあげてくれます。
しかし細く華奢なシルエットなので、主張しすぎず決して印刷グラフィックの邪魔にはなりません。

使用した用紙について

他にはない柔らかい印象の伝統的なニス引き

古くから表面加工として活躍してきた、伝統的なニス引きを施しました。
樹脂製の液体を表面に塗り、透明の幕をはって印刷を保護するので、PP加工のような人工的な輝きではなくほんわかとした柔らかいツヤがうまれます。
この自然な優しい雰囲気が、歴史ある寺院様にピッタリの雰囲気を演出してくれるでしょう。

この商品のスペック

カテゴリー ジャストニーズフルオーダー
業種 寺院 都道府県 茨城県
業種 寺院
都道府県 茨城県
枚数 35,000 製品単価/枚 45円台〜
枚数 35,000
製品単価/枚 45円台〜
用紙 片艶晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅260×マチ80×高さ420mm
印刷 1色
表面処理 ニス引き
提げ手 紙単丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

フルオーダーで表面加工と底には段ボール台紙を入れるオプションも追加し、贅沢な紙袋に仕上がりました。
しかし単価は45円台~と驚異の金額をたたき出しています。
秘訣は注文枚数です。大量生産で印刷コストを下げることができました。
たくさんのフルオーダー事例をご覧になってください。

寺院様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る