建築事務所様の紙袋の事例を紹介します【I-544】

建築事務所様のイベント用紙袋

岡山県にある、一級建築士事務所様の紙袋事例です。 A4サイズ書類を横にして入れられるくらい幅のある、320ワイドで製作しました。 しかし全体は縦長なので、丸めたポスターや大きめのバインダーなんかも収納できるゆとりがあります。 老若男女問わず持ち歩きやすいシンプルなデザインで、打ち合わせの際にお渡しするのにピッタリです。

シンプルに誠実さを表現しました

お客様の「夢」でもある住まいのデザインを受ける会社様ですから、信頼が第一ではないでしょうか。 もちろん動く金額も莫大なものでしょう。 秘密保持も完璧なハッピータックを使用し、清潔感のある白紙に誠実の青色を基調としたデザインに仕上がりました。 お客様が安心して任せていただけるよう、紙袋からも心遣いが感じられます。 そしてソッとサイド部分に会社情報を。 スマートフォンが主流のこの時代、URLよりもQRコードの方がアクセスしやすくて親切かもしれません。

使用した用紙について

上質な用紙は信頼の証、A2コート紙

白紙部分の多いデザインだからこそ、真っ白で美しいコート紙を使用しました。
A2とはグレードのことで、上から2番目という意味になります。
これ以上になるとやや硬すぎたりと紙袋の素材としては不向きなので、A2が最高級といっても良いでしょう。
上質な用紙は中のものをしっかり守りますし、企業様への信頼感を与えます。

使用した用紙について

安心感が得られるハッピータック

印刷カラーと合わせて、誠実な印象が得られる青色のハッピータックを使用しました。
職種柄プライバシーの保護にはとても気を遣うのでしょう。
凹凸部分を閉じれば密閉が可能なので、自主的に開くことがなければ外部の目にさらされるようなことことはありません。
野外の持ち歩きで予期せぬアクシデントが起きてもヘッチャラです。

使用した用紙について

紙袋全体を強化してくれるマットPP加工

サラサラとした手触りで、落ち着いた印象に仕上がるマットPP加工を施しました。
表面加工はするとしないでは、耐久性・耐水性ともに格段の差があります。
薄いフィルムを張るので、印刷を保護するだけでなく紙袋全体の強度が上がり、ハリや高級感も得られます。
コスト以上の価値があるのでぜひご検討ください。

この商品のスペック

カテゴリー 320ワイド
業種 建築事務所 都道府県 岡山県
業種 建築事務所
都道府県 岡山県
枚数 1000枚 製品単価/枚 130円台〜
枚数 1000枚
製品単価/枚 130円台〜
用紙 A2コート紙157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印刷 1色
表面処理 マットPP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

今回はオプションで底に段ボール台紙を入れました。
これは重たいものや不安定なものを入れる場合はもちろんですが、意外と書類を入れる際にも活躍してくれます。
底が沈まず安定するので、紙が中で折れ曲がったり動いたりするのを防止できます。たくさんの事例を見てご検討ください。

建築事務所様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る