ICT様の紙袋の事例を紹介します【I-539】

ICT企業様のイベント用紙袋

東京都に本社をかまえるICT企業様の紙袋事例です。 システム開発や販売以外にも、電子デバイス製品および各種電子機器の販売なども行っているそう。 mm単位でこだわりを貫ける、ジャストニーズフルオーダーで製作しました。 今回は特にマチのサイズを細かく設定されているので、なにか特定のものを入れる予定があるのでしょう。

ピッタリのサイズ感で秀でる好印象を狙います

幅と高さは280×360mmとA4サイズオーダーと同じですが、マチだけが10mm大きく設定されています。 もちろんジャストニーズフルオーダーでの製作はコストが上がってしまうことを承知で、この僅かな違いも許さぬこだわりぶり。 きっと大切なものをいれるのでしょう。 デザインはベタ印刷に社名のみととてもシンプルですが、中の品物ピッタリのサイズにすることで格段に高級感が増します。 他社との差別化にもなり、展示会やセミナーなどのイベント会場でもぬけ出ること間違いなしです。

使用した用紙について

色にこだわるなら印刷適正の高いA2コート紙

上質紙の表面にコート剤と呼ばれる白色の薬品を塗って、印刷適正を上げたA2コート紙を使用しました。
雑誌の表紙やポスターなどにも使用されています。
今回のような鮮やかな青色のベタ印刷も美しく表現できるので、企業様のイメージカラーを再現したい場合など色にこだわりがある際にオススメでしょう。

使用した用紙について

繰り返し使用したくなるハッピータック

ビジネス用として大活躍のハッピータックを使用しました。
人気の秘密はやはり凹凸部分を閉じることで繰り返し開閉が可能になり、使い捨てが前提とされる紙袋がまるでセカンドバックのように何度も使用したくなる物になることでしょう。
持ち歩かれる回数が増えるということは、知らぬ間に宣伝してもらえる機会が増えるということです。

使用した用紙について

印刷を鮮明に見せられるマットPP加工

サラリとした手触りのマットPP加工を施しました。
PP加工には強い光沢が魅力のグロスタイプもありますが、光の反射が強いため印刷がやや見えにくいことがあります。
マットタイプには光沢があまりないのでそういった事はなく、上品で落ち着いた印象に。
今回のように社名のみのデザインも表面をしっかりと見せることが出来ます。

この商品のスペック

カテゴリー ジャストニーズフルオーダー
業種 ICT 都道府県 東京都
業種 ICT
都道府県 東京都
枚数 1,000枚 製品単価/枚 140円台〜
枚数 1,000枚
製品単価/枚 140円台〜
用紙 A2コート紙157g/㎡
サイズ 幅280×マチ90×高さ360mm
印刷 ベタ1色
表面処理 マットPP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

PP加工には2種類があり、マットタイプとグロスタイプで見た目に大きな違いがうまれます。
しかし得られる効果は同じなので与えたい印象で選びましょう。
ただ工賃はどちらも同じですが、原料費はマットPPの方がやや高価になります。
仕上がりの違いはたくさんの事例で見比べてください。

ICT様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る