アメリカンスクール様の紙袋の事例を紹介します【I-522】

アメリカンスクール様のイベント用紙袋

明治35年に在日アメリカ人の子弟のために設立されたナショナル・スクール様からの紙袋事例です。 260ワイドで製作しました。 幅が260mmなので、210mmのA4サイズ書類には280mmのA4サイズオーダーよりもピッタリと合ったサイズになっています。 マチが100mmとやや広めなので、分厚い冊子なんかを入れるのに最適かもしれません。

デザイン性の高いオシャレな印象に

目の覚めるような鮮やかな黄色が印象的なデザインとなりました。 裏面にはオシャレにロゴが連なっていて、一見するとアパレルショップ様かと思えるほどのオシャレさです。 しかし小学校、中学校、高校と12学年を指導されているからでしょうか。 これだけ英字があるのに、high schoolなどの断定的な学年は記載されていません。 そのため全学年が共通して使用できます。 注文枚数もまとまった数になるので、コスト削減に繋がりました。

使用した用紙について

明るいベタ印刷も美しく再現できるA2コート紙

鮮やかな黄色のベタ印刷が美しく再現できる、A2コート紙を使用しました。
用紙素材の中で最も印刷適正が高いことから、ベタ印刷や細かく繊細なグラフィックがある際によく選ばれる素材です。
コストはやや上がってしまいますが、強度、高級感、ともにトップクラスの素材なので、使ってみれば納得していただけるかと思います。

使用した用紙について

耐久性・耐水性・デザイン性の高いアクリル丸ヒモ

アパレル関連の業者様に人気なことからオシャレなイメージがあり、デザイン性の強いアクリル丸ヒモを使用しました。
アクリル糸を編んで作られているので、強度はしっかりとあります。
水にも強く野外にもオススメです。
しかし手触りは柔らかいので、持ち心地も良く特に女性からの支持が強い傾向にあります。

使用した用紙について

落ち着いた印象で学校様に最適なマットPP加工

やはり教育の現場にはギラギラとした華やかさよりも、控えめな清潔感のほうが必要なのでしょう。
強い光沢があるPPグロス加工ではなく、光沢がなく落ち着いた印象を与えるマットPP加工を施しました。
それぞれ耐久性・耐水性において得られる効果は同じなので、与える印象やイメージによって選んでください。

この商品のスペック

カテゴリー 260ワイド
業種 アメリカンスクール 都道府県 東京都
業種 アメリカンスクール
都道府県 東京都
枚数 1,000枚 製品単価/枚 120円台〜
枚数 1,000枚
製品単価/枚 120円台〜
用紙 A2コート紙157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ310mm
印刷 ベタ1色
表面処理 マットPP加工
提げ手 アクリル丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

弊社では通常コート紙=A2グレードのことを言います。
他にもA1やA3といったグレードもあるので、ご要望があれば用意も可能です。
しかしあまりにも需要がないと入荷が難しいものもあるので、一度お気軽にご相談ください。
他にもたくさんのコート紙を使った事例がございます。

アメリカンスクール様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る