チョコレート専門店様の紙袋の事例を紹介します【I-495】

チョコレート専門店様のイベント用紙袋

京都だけでなく大阪や東京、海外にまで取り扱い店舗があるチョコレート専門店様の紙袋事例です。 オンラインショップでの販売もされているそう。 袋入りのデリケートな商品もあるので、マチが120mmと広く安定感のある、規格サイズオーダー(小サイズ)で製作しました。 チョコレートはさほど大きな物ではないので、小サイズでも十分な余裕があります。

目を引くデザインですれ違う人々を魅了します

こちらのお店様は「相手への気持ちが伝わるようプレゼント商品だけでなくパッケージやメッセージカードにもこだわりたい」という信念のもと、包装デザインにもかなりこだわりがあるそうです。 確かに、ハイセンスな缶があるとつい手が伸びてしまうという女性は多いかと思います。 そしてもちろん、紙袋にも「カワイイ・オシャレ」を詰め込みました。 持ち運びの際に多くの人の目に止まれば宣伝効果は絶大。 サイド部分のキャッチコピーが気になってURLを検索してもらえたら大成功です。

使用した用紙について

やや薄い片艶晒クラフト紙でコスト削減

100g/㎡とやや薄めの片艶晒クラフト紙を使用しました。
用紙の厚みは120g/㎡が一般的です。
そう聞くとなんだか心もとない気がしますが、缶入りチョコレート程度の重さならば100g/㎡でも底が抜けるようなことはありませんので、ご安心ください。
見た目には分かりにくい、上手なコスト削減方法としてオススメです。

使用した用紙について

可愛らしいデザインによく合う紙単丸ヒモ

紙素材で優しい印象を与える、紙単丸ヒモを使用しました。
紙のザラりとした独特な質感は、すべての人が幼い頃から親しみのある手触りなので、どこか懐かしいホッとする温かみが感じられます。
可愛らしいグラフィックともマッチしました。
また弊社の取り扱う提げ紐の中でPPヒモの次に安価なので、初心者でも選びやすく人気があります。

使用した用紙について

コストを抑えて心配事を予防するニス引き

全面にベタ印刷を行っているので、持ち運びの際に生じる色落ちや擦れを防止するためにもニス引きを施しました。
特に濃い色の場合に、色落ちはとても気掛かりだという声が多数ございます。
PP加工と比べると、どうしても保護力はやや落ちますが、コストパフォーマンスという面ではこちらの方が格段に優秀です。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(小サイズ)
業種 チョコレート専門店 都道府県 京都府
業種 チョコレート専門店
都道府県 京都府
枚数 5000枚 製品単価/枚 50円台〜
枚数 5000枚
製品単価/枚 50円台〜
用紙 片艶晒クラフト紙100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ250mm
印刷 ベタ1色+1色
表面処理 ニス引き
提げ手 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

ニス引きはコスト面で優れていることがお分かりいただけたかと思いますが、魅力はそれだけではありません。
ロゴやタイトル部分のみに光沢が欲しい場合は、部分的な塗布が可能なニス引きの出番。雑誌の表紙などでよく見掛ける技法です。
とても奥深いニス引きを使用した事例を沢山ご覧ください。

チョコレート専門店様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る