エンジニアリング企業様の紙袋の事例を紹介します【I-479】

エンジニアリング企業様のイベント用紙袋

自家発電設備や原動機設備のエンジニアリングをされている企業様の紙袋事例です。 300枚~500枚までの少ない枚数からご注文いただける、規格サイズ小ロットオーダーで製作しました。 枚数が増えると金額も大きくなるので、まずはお試しで……といった場合や、期間限定パッケージを作りたい、イベント限定のデザインを、といった時にオススメです。

規格サイズをうまく活用したデザインです

安全性の高い確実な施工が求められる企業様なので、誠実さや素直さが感じられやすい水色を基調としたデザインになりました。 ホームページのTOPに描かれている曲線美が流れる水のようで素敵です。 幅320×マチ110と書類配布には少し大きめサイズですが、小ロットオーダーはこの大きさのみになります。 小ロットで製作したいけど書類を入れる予定だ、と言った場合は、オプションで底に段ボール台紙を入れるなどすれば、書類も折れ曲がりにくくなるので安心でしょう。

使用した用紙について

A2コート紙のハリが高級感の証

厚さ157g/㎡と、厚手でハリのあるA2コート紙を使用しました。
一般的な120g/㎡や、やや薄い100g/㎡でも紙袋としては十分な強度があるので、157g/㎡ともなると誰が見ても分かるほどの高級感がうまれます。
利便性だけでなくデザイン性でもイメージ戦略の重要なアイテムのひとつとして、とても人気が高い素材です。

使用した用紙について

高い強度が自慢のハッピータック

弊社でご用意がある提げ手の中で、最も高い耐久性・耐水性を誇るハッピータックを使用しました。
例えば、土砂降りの中で提げ手を持って紙袋をブンブン振り回しても、切れたりはしません。
日常的にそのような状況になることはありませんが、たいせつな書類など中身を守る為にはそれくらいの強度があると安心感がありますよね。

使用した用紙について

利便性もグンと上がるPPグロス加工

強い光沢でギラギラとした濡れたようなツヤが得られるPPグロス加工を施しました。
表面にポリプロピレンのフィルムを張るので、そのぶん強度も上がります。
破れにくく汚れにも強くなるだけでなく、しっかりと形状記憶されるので、紙袋の口を開いて置けば自立し、中のものの出し入れが容易になるでしょう。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズ小ロットオーダー
業種 エンジニアリング企業 都道府県 東京都
業種 エンジニアリング企業
都道府県 東京都
枚数 300枚 製品単価/枚 210円台〜
枚数 300枚
製品単価/枚 210円台〜
用紙 A2コート紙157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印刷 1色
表面処理 PPグロス加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

PP加工された紙は古紙回収できないというイメージがありましたが、現在は問題ないことが分かっています。とはいえ一般的にはまだ浸透していないかもしれないので、今回使用したPPグロス加工はゴージャスな印象を与えたい場合にオススメです。他にもPP加工を施した事例がたくさんございます。

エンジニアリング企業様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る