神社様の紙袋の事例を紹介します【I-364】

神社様の渋い紙袋

兵庫県の歴史ある神社様よりご注文いただきました。規格サイズオーダーの小サイズで製作し、幅22センチ、マチ12センチと小ぶりの大きさにしました。規格サイズオーダーは高さをお客様が自由に設定できます。神社様ですと、お札や破魔矢など細長いものを入れることが多いので、縦長が多いです。こちらは32センチにしました。

藍染のようなベタで紋を抜きました

安土桃山時代(16世紀)に創建されたそうで、歴史があり由緒正しい神社様です。しかも、5世紀ごろに作られた円墳の敷地内という神聖な場所に位置するのだそうです。色々な考え方はあるのでしょうが、宗教施設様の紙袋では慎ましやかでシンプルなものの方が、ありがたく霊験あらたかに見えるのであないでしょうか。藍色でシンプルに紋を白抜きにしたことで、高潔な雰囲気に仕上がっています。

使用した用紙について

安価な片艶晒クラフト紙

和風の紙袋の場合、晒クラフト紙が使われることが多いのですが、このようにベタ印刷をする場合は色落ち防止の加工が欠かせないので、加工をするとどっちみち紙の質感は失われてしまいます。それなら安価な紙の方が良いので、片艶晒クラフト紙を使用しました。表面は晒クラフト紙よりややつるりとしています。

使用した用紙について

OFJタイプで取り付けて安く

紐は、一番シンプルな白い紙単丸ヒモ。紙紐は、比較的効果なブランドの紙袋でも使用されることが多く、万能選手と言えます。機械で取り付けるOFJタイプを採用しているので、コストを安く抑えました。ご予算が少ない時には、紙単丸ヒモのOFJタイプ取り付けがおすすめです。

使用した用紙について

色落ち防止にニス引き

濃い色を印刷した時、ベタ面が広い時は、色落ちを防ぐために表面加工をするのがおすすめです。表面加工には、PP加工やニス引きがあります。PPは強度もアップするのでおすすめですが、紙の質感は失われ見た目がかなり変わってしまいます。それがお好みでない場合は、ニス引きをご利用ください。それほどギラギラと光らず、手触りもナチュラルです。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(小サイズ)
業種 神社 都道府県 兵庫県
業種 神社
都道府県 兵庫県
枚数 1,000枚 製品単価/枚 70円台〜
枚数 1,000枚
製品単価/枚 70円台〜
用紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ320mm
印刷 1色
表面処理 ニス引き
提げ手 OFJタイプタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

シックな神社様の紙袋をご紹介しました。この藍色は、PANTONEで指定していただきました。色番号は「655C」です。和風デザインで、藍染のような雰囲気にしたい方は、参考にされてはいかがでしょうか?そのほかの紙袋の事例はこちらのページからご覧ください。

神社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る