カフェ様の紙袋の事例を紹介します【I-353】

カフェ様のおしゃれな紙袋

静岡県のカフェ様の紙袋です。こちらは日本茶製造販売会社が、自社工場の事務所を改装してオープンしたお店です。緑茶、和紅茶など30種類以上のメニューがあり、茶葉の販売もしています。この紙袋は、お客様が茶葉を購入し、持ち帰る際に使われるものでしょう。今回、規格サイズオーダー小サイズでご注文いただきました。

お茶への愛情、こだわりを表現

こちらの紙袋を見てまず感じるのは、まるでアパレル店か化粧品店のものではないか、とすら感じるプレミアム感です。中央に店名ロゴを配置した王道のデザインですが、黒は2度刷りし、用紙は157g/㎡と厚手のA2コート紙を使用。さらにPPグロスラミネート加工を施すことで深みのある黒色に仕上がっています。ここまで素材と加工にこだわったのは、やはり、丹精をこめて作られた、本当においしいお茶であるという自信と自負を表現するためなのでしょう。

使用した用紙について

印刷適性が極上のA2コート紙

コート紙は、鉱物や顔料から作られたコート剤を上質紙に塗布し、平滑処理された用紙で、艶のある輝くような白さと抜群の印刷適性が特徴です。その中でも今回使用したA2コート紙は、コート剤の塗布量が多く、より一層の平滑性と白の綺麗さを有し、印刷適性も極上です。今回の事例でも、深みのある、美しい黒さが出ているかと思います。

使用した用紙について

高級感のあるアクリル丸ヒモ

アクリル丸ヒモは、アクリル繊維の糸を編んで作られた提げ紐です。手触りがソフトで、見た目にプレミアム感を出したい場合に良く使われる素材です。今回は中に紙製の芯を入れることで、持ち手がピンと立つように作られています。これにより、多くの紙袋を整理したり、受け渡しをする場合にスムーズに作業を行えます。

使用した用紙について

PPラミネート加工で保護、艶出し

PPグロスラミネート加工はポリプロピレン製の薄いフィルムを紙の表面に貼りつけるもので、印刷面の保護、印刷色の鮮やかさや深みをアップする加工です。こちらの事例でも、まるで濡れているかのようなギラっとした艶が出ており、高級感が醸成されています。落ち着いた感じにする場合はマット(艶消し)のタイプもご用意しています。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(小サイズ)
業種 カフェ 都道府県 静岡県
業種 カフェ
都道府県 静岡県
枚数 5,000枚 製品単価/枚 非公開
枚数 5,000枚
製品単価/枚 非公開
用紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ260mm
印刷 特色1色(2度刷り)
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 OFJタイプ アクリル丸ヒモ芯入り
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

カフェ様の素材と加工にこだわり抜いた事例でした。もう少しコストパフォーマンスを高くしたい場合は、紙を片艶晒クラフト紙に、提げ紐を紙製のものにするとぐっと単価を抑えることができるでしょう。弊社では、ご希望の単価のなかで、お客様のニーズを最大限に満たすための提案なども喜んでさせていただきます。ぜひ、ご検討ください。その他の事例もこちらから御覧ください。

カフェ様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る