和菓子店様の紙袋の事例を紹介します【I-29】

和菓子店様の小さな紙袋

規格サイズオーダープランの小サイズで製作した、京都のかりんとう専門店様の紙袋。一番小さいサイズの規格サイズは、幅22、マチはしっかりと12センチあります。生菓子など水平に入れるべき商品には、ちょっと小さいかもしれませんが、袋もののお菓子ならちょうど良いサイズです。

ノスタルジックな雰囲気が、
優しい甘さを想像させます

黒砂糖だけではなく、野菜入りや柚子胡椒、シナモンなど色々なオシャレな味が沢山あるかりんとう。揚げモノですが立派な和菓子です。京町家の和菓子店とあれば、紙袋ももちろんこだわりのデザインです。茶色のベタに水色のフレームデザインは、どこかノスタルジック。この色は、現物色合わせで同じものを特色で作りました。お菓子と、伝統的な町家造りの家並み、両方を思わせる柔らかな茶色です。全体の雰囲気を損なわないよう、URLはマチ部分に控えめに入れられています。

使用した用紙について

マルチプレーヤー用紙、
晒クラフト紙を使用

紙袋と言えば、最もよく使われているのが晒クラフト紙。迷ったら晒クラフト紙で間違いありません。この印刷は、木版のように色を意図的に重ねる部分を作って刷っています。細かいことですが、コート紙だとはっきり色がわかれ過ぎてしまうので、こういう味わいがいきません。

使用した用紙について

茶色の紙単丸ヒモで
イメージぴったり

濃い茶色の印刷に合わせて、紙単丸ヒモの茶色をセレクト。OFJタイプは、機械貼付けする製造方法です。貼付けと聞くと弱そうに思うかもしれませんが、折り返し部分に切り込みを入れて挟み込み、しっかりとホットボンドで接着しているので、強度もバッチリです。

使用した用紙について

色落ち防止にニス引き加工。
念のため注意書きも…

濃色をベタ印刷すると、色落ちすることがあります。そのため、この紙袋はニス引きをしてあります。これでほとんど色落ちの心配はありませんが、念には念をという場合は底部分に注意書きを入れます。この紙袋も、「水濡れ・擦れにより色落ちする場合があります」と入れました。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー
業種 和菓子店 都道府県 大阪府
業種 和菓子店
都道府県 大阪府
枚数 2,000枚 製品単価/枚 62円台〜
枚数 2,000枚
製品単価/枚 62円台〜
用紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ250mm
印刷 1色(ベタ塗り)+2色
表面処理 ニス加工
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

京都の和菓子店の、なんとも美味しそうな色合いの紙袋をご紹介しました。濃い色の場合はニス引きがおすすめです。万が一でも紙袋がクレームになっては困りますよね。その他の紙袋はこちらのページからどうぞ。

和菓子店様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る