紙袋なにがどれだけ入るか大検証!!

A4サイズオーダー紙袋に入る荷物の大きさを調べます!

「A4サイズオーダー」という商品は、書類用に作られた規格サイズの紙袋です。幅、マチ、高さは固定です。A4ジャストサイズよりも少しゆとりを持たせてあるので、様々なファイルに対応します。

ヨコ280×マチ80×高さ360mm

A4ファイルを入れてみた

A4ファイル用に作られた紙袋なので、ファイルはバッチリ!
色々な大きさのファイルを入れてみましょう。
ファイルに規格はないので、メーカーによって大きさはバラバラです。よくあるリングファイルをいくつか用意しました。

下から、幅284mm、幅260mm、幅233mm、幅220mm
幅284mmのファイルも、ギリギリいけます

紙袋の横幅が280mmなので、一番大きいリングファイルは幅が1mm足りません!しかし、マチがあるので少しだけ膨らんで入れることができます。
このファイルは厚みが50mm以上あるので、これ1冊でほぼ埋まってしまいます。
背を交互にすれば、幅260mmと幅233mmのファイルを一冊ずつ入れることができました。

3冊が限界です

こんなに沢山書類を入れることは、あまりないかもしれませんね。
よくある使い方は下のような感じ。
説明会や講演会などで、資料を配付する時には、クリアファイルやスライダーファイルが使用されます。
その場合はゆとりを持って入れることができます。

500mlのペットボトルも一緒に入ります

配布した飲み物はできれば持ち帰って欲しいですが、ビジネスバッグには入らないことが多いですよね。ペットボトルも入る紙袋を用意しておけば、来場者に親切ではないでしょうか。

アパレルがどれだけ入るかやってみた

A4サイズオーダーの紙袋は、マチが80mmと、そのほかの規格サイズよりも薄めにできています。倒したくないアパレルの販売にもいいのではないでしょうか。

メンズのシャツは畳んだ幅がぴったり

レディースは幅にゆとりがありますが、メンズはぴったりすぎて、余裕がありません。個別にOP袋などに入ったシャツは入らないと思います。紙袋にそのまま衣服を入れてお渡しする、カジュアルなお店の商品ならよいかもしれません。

メンズのシャツが5枚。高さはギリギリ

5枚入れるとちょうどいい大きさです。6枚以上になるとマチが膨らんでしまうので、見た目があまりよくありません。
また、高さがギリギリすぎるので、テープで閉じるのは難しいです。レディースならOKでした。

メンズのパンツは、はみ出る!
レディースのセーターはぴったり

A4サイズオーダーの紙袋をアパレルに使うなら、レディースはOK、メンズは微妙……というところでしょう。

色々なボトルを入れてみた

A4サイズオーダーのマチは80mmなので、直径80mm前後の瓶なら余裕で入ります。

700mlのオリーブオイル、日本酒など3本
750mlのワインの瓶も入ります

1リットルくらいまでの瓶なら、3本縦に入ります。ワインのボトルは、直径がだいたい70mm前後なので綺麗に入ります。ただし、スパークリングワインやシャンパンなどの太めの瓶で、直径が85mm以上になると、形が崩れるのでおすすめしません。
また、倒れやすいので、A4サイズオーダーの紙袋に瓶を入れるなら、1本ではなく2~3本を入れることを想定して使った方がよさそうです。

型崩れします
A4コピー用紙と、よくあるクリアファイル

一升瓶は直径が104mmあるので、マチがかなり膨らみます。紙袋の高さがあるので持ち手にも干渉しませんし入らないことはありませんが、不安定です。

靴の箱が入るかやってみた

実験したところ、メンズシューズの箱はいずれもダメでした。レディースの靴の箱も、登山靴やバスケシューズなど厚みのある靴の箱はダメです。
パンプスやサンダルの箱ならOK。

23.5cmのパンプスの箱
ぴったりです!

少し意外ですが、A4サイズの紙袋にレディースの靴の箱がぴったりでした。箱の高さが80mm以下の靴がメインのお店でしたら、A4サイズオーダーも使えますよ!

A4サイズの検証結果

検証結果1

メンズシャツは裸で5枚入る

検証結果2

パンツははみ出る

検証結果3

レディースのセーターは1枚

検証結果4

ワインなど1リットル未満のボトルが3本入る

検証結果5

レディースの靴の箱に対応

このサイズが気になる方はこちら

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る