業種別おすすめ紙袋
特徴1

形状は縦の長方形

特徴2

規格サイズかA4サイズ

特徴3

未晒クラフト紙も意外と合う

特徴4

提げ紐は紐タイプが人気

弊社でこれまでに制作したお客様の紙袋の中から、IT企業様の紙袋の特徴をピックアップしました。これからオリジナル紙袋を作るけれど、どんなものにしたらいいかわからないという方、同業者の人気のスタイルを真似てはいかがでしょう。デザインと仕様の参考にどうぞ!

縦長の四角形で書類向きの形状に

一般企業様の営業用紙袋と同じく、書類を運ぶ用途なので縦長の形状がおすすめです。
紙袋は横長の方が開口部が広く取れますから、荷物の出し入れは楽になります。
しかし書類用の紙袋を横長ではなく縦長にする理由は、中身を守るため。
開口部が広いということは、雨や埃も入りやすくなります。
アパレルなどの商品の場合は、口をテープで留めてお渡しすれば問題ありませんが、書類をお渡しする時に紙袋の口をテープで留めることはほとんどないですよね。
ですから縦長がおすすめなのです。

規格サイズの大・中かA4サイズオーダーをどうぞ

書類用の縦長紙袋を作るなら、規格サイズオーダーの中サイズ、A4サイズオーダーが弊社の定番商品です。
規格サイズオーダー中サイズはA4書類の縦横の幅に近く、ぴったりと入れることができます。
A4サイズオーダーはファイルに入れた書類を想定しているので、幅はややゆとりがあります。マチはA4サイズオーダーの方がタイトで、500mlのペットボトルと薄い書類、両方がジャストサイズで収まるようにしてあります。
商品サンプルなど、立体物を入れる用途なら、規格サイズオーダーの大サイズもおすすめです。

・規格サイズオーダー 中サイズ(幅260×マチ100×高さフリー)
・規格サイズオーダー 大サイズ(幅320×マチ110×高さフリー)
・A4サイズオーダー (幅280×マチ80×高さ360mm)

未晒クラフト紙も、意外と合う!

一般企業様の営業用紙袋では、晒クラフト紙、コート紙、片艶晒クラフト紙など白い紙を使う会社様が圧倒的に多いのですが、IT企業様は茶色い未晒クラフト紙を使う会社様も多いです。

未晒クラフト紙は、カジュアルな印象を与えるので、企業の先進性、勢い、若さなどを表現することができます。
下の紙袋は、底の部分に「Thank You!」と入っています。
遊び心のある会社は、新しいことをやってくれそうなイメージがありますよね。

提げ紐は、紐タイプが人気

紙単丸ヒモ紐、PP紐、アクリル丸紐など、柔らかい素材の紐がよく使われます。
これも、一般企業様の営業用紙袋とは少し違った点です。
一般企業様の書類用紙袋では、ハッピータックが一番人気です。
IT企業様は、やはり他の会社とはちょっと違った雰囲気にするのが人気のようです。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る