美容院・ネイルサロンにおすすめの紙袋の作り方

06-6925-3154 受付時間 9:00〜18:00(平日) お問い合わせはこちら
業種別おすすめ紙袋
特徴1

形状は横長

特徴2

デザインは超シンプル

特徴3

未晒クラフト紙が人気

特徴4

印刷色は黒

弊社でこれまでに制作したお客様の紙袋の中から、美容院、ネイルサロン様の紙袋の特徴をピックアップしてみました。これからオリジナル紙袋を作るけれど、どんなものにしたらいいかわからないという方、人気のスタイルを真似てはいかがでしょう!?デザインや仕様の参考にどうぞ!

商品の高さに合わせた横長形状。規格サイズ使えます

入れる商品は、小さなマニキュアオイルから一リットルのシャンプーまでいろいろ。
シャンプーとトリートメントをセットでお渡しすることを考えると、ボトル二本が立てて入れられる大きさをマックスと考えてサイズを決めるのがよいでしょう。
大事なのは底の大きさ。
お手持ちの商品のボトルの径を図って決めましょう。

商品を出しやすいという観点からか、美容院の紙袋は横長が多いです。
お安く製造できる規格サイズオーダーが一番人気。
規格サイズオーダーは幅とマチは固定の長さですが、高さは自由に決められるので、お好みの横長紙袋にすることができます。

・規格サイズオーダー 大サイズ(幅320×マチ110×高さフリー)
・規格サイズオーダー 中サイズ(幅260×マチ100×高さフリー)
・規格サイズオーダー 小サイズ(幅220×マチ120×高さフリー)

デザインは超シンプル

ほとんどの美容室の紙袋が、ロゴのみのシンプルなもの。
キャッチコピーや住所などを並べるお客様は少ないです。
一度来店いただいた方にお渡しする紙袋ですし、美容院は地域密着型と言えるので、そこまで宣伝を並べる必要はないのかもしれませんね。
すっきりおしゃれに仕上げましょう!

美容院はナチュラルテイストが人気。紙は未晒クラフト紙

未晒クラフト紙は、漂白をしていないクラフト紙のことです。晒(さらし)というのが漂白を意味します。茶色いパルプの素材の色そのままなので、ナチュラルなイメージを想起させます。
髪や肌へのダメージに悩んでいる方は多いでしょうから、シャンプーなどのヘアケア商品を販売する美容院と未晒クラフト紙は相性が抜群なのですね。

井上さんからのアドバイス
未晒クラフト紙は繊維が長いから、紙の強度も優秀だ。
シャンプー、トリートメントなど重い液体をお渡しする紙袋に最適だ!

美容院らしくシックに。印刷色は黒一色

美容室の店内は白い壁を基調に、椅子や機材の黒、ポイント的に温かみのある木目など、少ない色数で統一されているところが多いと思います。
また、美容師さんも黒い服を着ている方が多いですね。薬品の汚れが目立ちにくい、お客様を引き立てる、私服が制服なので着回ししやすいなど、いろいろな理由があるそうですが、そんなところからか、美容院=黒というイメージがあるようです。
なんとなくモードな雰囲気になる上、黒一色印刷は一番印刷費が安く済むのでおすすめです。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る