神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

入稿データの作り方

Preparation-02

孤立点などの
ゴミを
きれいにする

入稿データは必要なものだけ残して、きれいなデータにする必要があります。余計なものが残っていると、印刷ミスの元です。目に見える不要物だけでなく、ぱっと見ではわからないゴミも削除します。

不要なオブジェクトを削除する

制作途中で、フォントをいくつか比較したり、パーツのバリエーションを作ったりして、
ファイルの中に置きっぱなしになっていないでしょうか。

ガイドがあるんだから、どれが入稿データか見ればわかるでしょ?と思うかもしれませんが、
入稿するのは印刷するものだけが基本です。
作業過程で発生した不要なオブジェクトはすべて削除します。
素材として残したいのなら、別名保存しておきましょう。

かみちゃん
かみちゃん: データの汚れは心の汚れっておばあちゃんも言ってました!

孤立点を削除する

孤立点は、下の図のような状態の点を言います。

これはテキストツールで画面を触ってしまった時によくできます。
カーソルをチョン…とやったけれど、そこに文字を入力しないで放置すると、触ったところに点が残ってしまうのです。
オブジェクトを白い矢印の選択ツールで部分的に削除して取りこぼしが出たり、ペンツールで画面を触ってしまっても同じように点が発生します。

孤立点は、色がついていないので実際は印刷には反映されません。
しかし削除してください。
問題となるのは、テキストツールでできた孤立点です。
すべてを選択してアウトライン化しても、孤立点にフォント情報が残ってしまうので、印刷所で製版データを作成する時にエラーが出るためです。

すべてのオブジェクトを選択すると、孤立点が青く表示されますが、目視で探すと見落とす可能性があります。 そこで、次の機能を使ってゴミを探します。

「選択」→「オブジェクト」→「余分なポイント」を選ぶと、孤立点だけが選択された状態になります。
これをdeleteすればOK!
(最新のイラストレーターは、テキストツールで画面をクリックすると「山路を登りながら」と自動的にテキストが入力されるようになったので、孤立点の問題は少なくなってきてます。)

データはきれいに作ると印刷がスムーズ

ゴミを残しておくと、第三者からはどれが意図したデザインでどれがゴミなのか判断しにくいです。「これは必要なパーツなのにずれて枠外に出ちゃっているのでは?」と、親切な印刷所さんは問い合わせてくれたりします。その間作業は止まってしまうので、印刷が遅れないためにも入稿データは完璧に作りましょう。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る