神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

底や折り返しまで柄を印刷するデザイン

Lesson6-04

塗り控えた
マチの四角形に
デザインを入れる

正面、背面、マチ、底、折り返し、すべてに異なる柄を入れたいなら、それぞれの四角形を描いてから順にデザインを配置していきます。ここでは、図のようなモノトーンで全面柄を配した紙袋のデザインの工程をお見せします。ここでは両サイドのマチを作成します。

マチの四角形を作成する

最初にデータを開いた時にお気づきと思いますが、この展開図データには、最初からマチの塗りつぶし部分の四角形が作られています
これをそのまま利用すればいいですね。
(だから、3つあったうちのこのデータを使用したのです!)

すでに塗り控えもされていて、内側に3ミリ入っていますよ!

左のマチに柄を入れる

この紙袋は、とにかく全ての面に異なる柄を入れて、どこから見ても違う見た目にするというコンセプトなので、ここは思い切ってペイズリー柄を選んでみました。

○シームレスパターン様より、以下の素材をお借りしました。
「モノトーンのペイズリー柄パターン」

スウォッチに登録してマチの塗りに設定します。

右のマチに柄を入れ、文字情報を入れるスペースを作る

右側のマチには、住所や電話番号などの情報を入れたいと思います。
柄の上に文字をのせると読めないので、柄を作ったあとに穴を開けます。

○シームレスパターン様より、以下の素材をお借りしました。
「白黒のヘリンボーンパターン」

スウォッチに登録してマチに反映すると、こうなりました!

この柄に合わせた形で、中心に穴を開けたいと思います。
その前に一つ注意。
ヘリンボーン柄の幅2つぶんを切り抜きたいのですが、境目が中心にきているか見てみましょう。
拡大してマチを選択すると、ガイドの中心点から線がずれています。

 できれば線の境目が中心にきて欲しいので、柄の出方を調整します。
「オブジェクト」→「変形」→「移動」を選んで図の移動ツールを出します。

 プレビューにチェックを入れると、確認しながら移動距離を決めることができます。
「水平方向」を1ミリずつ増やしていって、中心点に柄の境目がくるようにしましょう。
ちょうどマイナス4ミリで中心が合いました。

 ペンツールで、ヘリンボーン柄を描きます。
描いたものがわかりやすいように、一時的に色をピンクにしました。

 この模様を黒くして、上に白い文字をのせたらマチは完成!

かみちゃん
かみちゃん: いい感じでド派手になってきました。

次は折り返し!内側だけど情報も入れてみよう

最近、折り返し部分にツイッターアカウントや、つぶやき用のハッシュタグを入れて、SNSへ誘導する紙袋がちょいちょいあります。使えるものは使わなきゃ損!ということで、次回は折り返しにデザインをしながら、こっそりとハッシュタグやQRコードを仕込みます。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る