神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

ゴージャスで品のある紙袋

Lesson4-04

ロゴを置いて
文字を調整
完成まで

レッスン4では、レッスン1から3までで使った技術をいろいろ組み合わせて、このイメージのような豪華な紙袋のデザインをしてみましょう。前回は背景にワンポイントを置きました。あとは「ロゴレイヤー」ロゴを置いて、文字を書き、文字を調整したら完成です!

ロゴを配置する

背景は完成したので、下層のレイヤー(背景レイヤー)をロックしておきましょう。
レイヤーパネルのレイヤー名左側にある四角をクリックして、南京錠のマークが出たらロック状態です。

「ロゴレイヤー」を選択して、ロゴを配置します。
ロゴのファイルを開いて、欲しい部分だけ選択してコピー&ペーストします。
「ファイル」→「配置」でも配置できますが、一度開いて確認することをおすすめします。
理由は、ロゴが一つではなく、複数のデータが入っていることがあるためです。
こんな感じですネ。

フルカラー、モノクロ印刷の場合、白抜きの場合など、あらかじめ展開可能なデータを作っている場合があります。
使う色の指定や、配置の規定など、決まりごとが書かれている場合もあります。

「ファイル」→「配置」で配置すると、余計なものまで配置されてしまいます。
ファイルの中にロゴが一つしか入っていないと思っていても、注意書きなどが入っていた場合、注意書きまで配置されてしまいます。
例えば下のファイルを、一度も開かずに「ファイル」→「配置」で柄物の背景の上に配置したとしましょう。

コーポレートカラーの色指定がグレーで書かれているデータです。
これをグレーの背景の上に配置したら、ほとんど見えません。
このまま入稿しちゃうと、印刷ではしっかり出てしまったりするのです。

かみちゃん
かみちゃん: ロゴのファイルは開いて確認。
ミスを防ぐためです。

それでは、ロゴをコピー&ペーストで配置しましょう。

文字を入れて、ロゴと中心で揃える

テキストツールに持ち替えて、入れたい情報を打ち込みます。
住所、電話番号、URLなどですね。
不要ならこの部分は割愛してください。

フォントパネルで好きなフォント、文字の大きさ、スタイルを選び、行間を調整します。

打ち込んだ文字は、デフォルトでは左揃えになっています。
これを中央揃えにします。
「段落」の中央をクリックしましょう。

これで中央揃えになりました。
ロゴとしっかりセンターで合わせるには、ロゴと文字を同時に選択して、「整列」を行います。
「オブジェクト」→「整列」で整列パレットを出し、「串」の字のようなマークをクリックします。
すると、ロゴと文字が中央揃えになりました。

ロゴと文字を両方選択した状態で、中央に動かして配置します。
これで完成!

同じ作業でアレンジデザインに挑戦しよう!

背景にスウォッチで柄を置く、フレームを置く、ロゴを配置。
この流れで、色々なパターンのデザインができます。
背景もフレームもフリー素材を使うから、配置作業さえできればOKです。
中に入れる商品や紙袋の目的に合わせて、色々なイメージに展開しましょう。
左から、フレグランス石鹸、DIYショップ、ハンドメイド小物のお店をイメージしてみました!

デザインに詰まったら、世の中を見渡してみる!

手順さえ踏めば、再現は誰にでもできるのがIllustratorです。着地点が見えていれば、けっこう簡単にできることがおわかりいただけたかと思います。問題は、着地点を自分の頭の中に描かなければいけないところ…。もしアイデアが出ないという場合は、すでにあるデザインを参考にしましょう。丸パクリはダメですが、部分的に取り出してアレンジするくらいはOKでしょう!

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る