神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

好きなボディ色にしよう!色付き紙袋

Lesson2-04

背景にひいた
四角形に
色を塗る方法

背景レイヤーに置いた四角形に色を塗ります。長方形ツールで四角形を作ると、最初の状態で枠線に色がついてしまっています。背景用には必要ありません。残しておくと印刷に出てしまうのでまずは線を削除します。

四角形を選択して「線」をとる

レッスン2-3で描いた四角形は、見やすいように黒塗りの四角形を使用しましたが、 ファイルを新規作成した場合、色が内側は白・線は黒で設定されています。

しかし、今回の四角形は背景に使うものなので、枠上に線はいりません。
欲しいのは塗りつぶしだけです。
この「枠線上の線」を消しましょう。

黒い矢印の選択ツールに持ち替えて、四角形を選択します。
その状態で、下図の赤丸の部分を見てください。

左側にある四角が、「塗り」の状態を表し、
右側にある四角が、「線」の状態を表しています。

この状態は、「塗り」が選択され、いじれる状態です。

「線」をいじるには、右上にある小さな双方向矢印をクリックします。

「線」が上に来て入れ替わりました!
「塗りと線」の下に三つ並んだ四角形があります。右端の赤い斜線がひかれた四角形は、「色をつけない」という指示です。
ここをクリックすると、線を消すことができます。

かみちゃん
かみちゃん: 最初から色が塗られているのはいいけど、線が塗られてるのはなんでなんだろう…。

四角形の内側の色を変えてみよう!

いよいよ四角形を塗ります。
今は白い色が塗られているので、この色を変更します。
「線と塗り」ツールを見てみましょう。
さっき線を選択しましたが、今度は塗りをクリックして左側の四角形が上にくるようにしましょう。

次に色を選択します。
色の選択方法はいろいろあるのですが、ここではプロの方法をご紹介します。

イラストレーターの右側を見るとパレットなどのアイコンが描かれているパネルグループがあります。
1番上のアイコンをクリックすると、下図のようなグラデーションが表示されます。

今回は数値で色の指定をするため、サブメニューから「オプションを表示」を選択して下さい。

この4本並んでいる棒は4つの色を表しています。

C…シアン
M…マゼンタ
Y…イエロー
K…ブラック


それぞれを何パーセントずつ混ぜ合わせるかで色が決まります。
今は白が塗られているので、全ての要素が0パーセントです。
CとYを混ぜれば緑に、YとMを混ぜればオレンジ。
具体的に、何を何パーセント混ぜるとどうなのか、いろいろやってみましょう。

※カラーの設定をCMYKになっているかチェックしましょう!
ロゴ全体の色を好きな色に変えてみよう」にやり方が書かれているのでチェックしてみて下さい。

これで背景に色をつけることができました!

なんでプロの方法で色を選ぶのかって??

色の選び方には、もっと簡単な方法もあります。数字を打ち込む必要もなくワンクリックで色を決められる方法もあるんです。でも、この方法で色を作った方が何かとメリットがあるんです。と、デザイナーの超怖い先輩がいつも言ってました。色の選び方については、こちらをご覧ください。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る