神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

セクシーな紙袋デザイン

LESSON18-3

フレームとロゴを
配置して
レース素材を選ぶ

レッスン1と2で背景にマーブル模様を作りました。次はこの上に、黒いレース模様を重ねていきます。中央にはフレームを置き、ロゴを入れます。先に、フレーム素材を決めて構図を決めるといいでしょう。レース素材の選び方も解説します。

フレーム素材を配置する

レースだけだとロゴが見えにくくなるので、真ん中にフレームを置き、周囲をレースで埋めるというデザインにしたいと思います。

フレームは、クラシカルな曲線のものがいいでしょう。

Vecteezy
ほとんどの素材を、無料で商用使用できる素材サイトです。
こちらのサイトで「Frame」と検索し、下の素材を入手しました。
右上のフレームを使います。

illustratorで開いて、グループ解除し、右上のフレームだけをコピーして制作中のファイルに貼り付けます。

フレームとロゴを配置する

フレームを45度回転させて中央に配置します。
その中に、ロゴを入れます。

ちなみに今回は、「Parisian style lingerie KAMIBUKURO」というお店を想定しています。
パリスタイルのランジェリーショップって、なんだかよくわかりませんが、イメージです。
Elegant and cuteという安直なキャッチとともに、このように配置しました。

レースのフリー素材をゲットする

レースには、色々な種類があります。

かぎ針編みのクロッシェレース、生地に穴をあけてかがるアイレットレース、機械によって、エンブロイダリーレースやリバーレースと呼ばれるものもあります。
「レース イラスト 素材」などで検索すると、下のようなレースがよく出てきますが、これはかぎ針編みのモチーフですね。ちょっとイメージが違います。

今回使いたいのはランジェリー感のあるチュールレースです。
チュールレースとは、こういうのです。

色々調べた結果、こういうレース素材は海外の素材サイトが豊富でした。
上に挙げた素材サイトを使用します。
Vecteezy

「Tulle lace」「lace」などで検索して、下のような素材を集めました。
どれがはまるかわからないので、多めに用意しています。

ここから先もけっこう重い作業です

レース素材を見てわかる通り、ものすごいパスの数です。これもかなり重い作業になります。動かしにくかったら、サイズを確定させて、レッスン18-2でやったように「パスの多いオブジェクトをEPS画像に書き出して貼り付ける」をして下さい。これで作業しやすくなります。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る