神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

トロピカルなボタニカル紙袋

Lesson15-03

素材を丁寧に
配置して
構図を確定させる

フリー素材の植物のイラストを使って、トロピカルな紙袋デザインを作成します。ここまでの工程では、フリー素材のイラストを用意して構図を決め、フレームとロゴを金色に塗りました。これですべてのパーツが揃ったので、デザインを確定させましょう。

フレームの下に白い枠を置く

ざっくり構図を決めた時には、イラストとフレームが重なり合っていました。
しかし、ロゴをしっかり目立たせるために、フレームの下に白い背景を置いて、イラストはフレームの下に配置したいと思います。

フレームをコピペして分解用のオブジェクトを用意します。

レッスン15-2でロゴとフレームは複合シェイプにしてしまっているので、グループ解除だけではバラバラにはなりません
ダイレクト選択ツールで、余計なものを削除します。

ロゴをdeleteし、フレームは一番外側の線だけ残すように、内側の線を選択してdeleteします。
するとこうなりました。

このオブジェクトの塗りを白にして、上にあるフレーム位置に戻し、「オブジェクト」→「重ね順」→「最背面へ」を選んで背景に送ります。
フレーム、ロゴ、白い背景は、一緒に選択してグループ化しておきましょう。

イラストをフレームの後ろに配置する

最初にざっくり作った構図を元に、イラストをフレームの下に置いてバランスをとっていきます。
こういった重なり合った作業をする時は、動かしたくないものは個別にロックしておきます
または、下の図のようにイラストとレイヤーをわけ、フレームのレイヤーをロックしておいてもいいでしょう。

配置している時に、偶然の産物でこんな形になりました。
ハートもいいかもしれませんね!

と思ったのですが、やっぱりやめました。
南国リゾートの高級感がコンセプトなので、ハートは甘過ぎです。
このようにしました!南国感のある植物だけに絞るため、少しパーツも省きました。

イラストを少しだけ前に出す

フレームの下に植物を置くデザインなのですが、イラストの一部をフレームの上に出して、アクセントにします。
収まりのよい右下の角の上を選び、イラストを前面に出してみましょう。
バランスが崩れたところを修正して、イラストの配置は完成です。

同じパーツは、回転させて使う

沢山イラスト素材を集めてこの作業をすると、つい、「あるもの一個ずつを並べる」をやってしまいがちですが、同じイラストを複数使ったってOKですよね。ただし、同じ角度で使うとコピペ感が出て違和感が出ます。同じイラストを使うなら、回転させて角度を変えましょう。今回は、最終的には南国感の少ない植物は不採用にし、モンステラなどを繰り返し使いました。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る