神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

水彩画風のイラストを入れた紙袋

Lesson11-02

フリー素材の
イラストを
手描き風に加工2

フリー素材のイラストに手を加えて、水彩画風にアレンジする方法を解説します。レッスン11-1では下準備がけっこう面倒に思われたかもしれませんが、いよいよ線画っぽく加工します。この作業は一発変換なので、とっても簡単ですよ!

イラストを線画っぽくっ加工する

変換するオブジェクトを選択して、「効果」→「スケッチ」→「木炭画」を選択します。

すると突然、こんな画面になります。
右側にある「木炭の太さ」「ディテール」「明るさ・暗さのバランス」のスライダーを動かして、好みの線になるようにします。
木炭の太さ…3、ディテール…2、明るさ・暗さのバランス…80にしました。

するとこうなりました!

ちなみに、レッスン11-1でしたようにイラストを単純化せずに同じ加工をすると、こうなります。
ほら、背景にある塗りの白い面のせいで、線がうまく出ないんです。

線にゆがみをつける

このままでも手描きっぽい味が出てきましたが、サンデーグラスの輪郭が、定規でひいたかのようにビシッとしすぎています。
そこで、ちょっとだけ線に揺らぎを与えます。

オブジェクトを選択状態で、「効果」→「パスの変形」→「ラフ」を選びます。
ラフは、左下の「プレビュー」にチェックを入れると、様子を見ながら加工の度合いを決められます。
ここでは、サイズ…1%、詳細…5/inch、ポイント…丸く としました。

すると、こうなりました!

かみちゃん
かみちゃん: 線にゆらぎが出て、いい味が出てきました!

ラフは、やり過ぎないのがポイント

ラフは思いっきりやると線が薄くなってしまったり不自然になってくるので、ほんの少しにするのがおすすめ。定規で引いたような直線を感じさせたくないだけなので、やりすぎなくて大丈夫です。これで下絵は完成。次は塗り絵です!

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る