• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋作成事例

アパレルショップ様の規格サイズオーダー紙袋作成事例

カテゴリ 規格サイズ小ロット対応オーダー
業種 アパレルショップ
都道府県 東京都
枚数 300枚
製品単価/枚 非公開

用紙 片艶晒(カタツヤサラシ)クラフト
サイズ 正面幅320mm(W)×マチ幅110mm(D)×400mm(H)
印刷 印刷ベタ1色(特色)
表面処理 PPラミネートの加工処理はありません。
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション 底面補強の底ボール台紙入り お客様ご指定場所までの運賃送料は無料!!*離島は除く

安さを追求した紙袋は、正面幅320mm(W)×マチ幅110mm(D)の工場規格サイズで決定!
井上工業所の工場規格サイズオーダー正面幅320mm×奥行110mm(D)×天地仕上り(H)mmはご希望サイズを選んで頂けるフリーチョイスは安さが自慢の定寸で常時生産稼働している破格のお値段をご提示できます。
3サイズのご用意があります、規格サイズオーダーは数多くの紙袋ユーザー様、リピーター様にご好評いただいている低価格のご案内ができる井上工業所の誇る生産ラインです。正規格サイズには正面幅320mm(W)×奥行110mm(D)×ご指定天地(H)mmの生産ラインは通年常時稼働している最も生産量の多い手提げ袋サイズになります。固定サイズの生産ラインなので安価な加工賃と短納期が魅力的なサイズです。他に備えた規格サイズには、正面幅260mm(W)×奥行100mm(D)×ご指定天地(H)mmと、正面幅220mm(W)×奥行120mm(D)×ご指定天地(H)mmのお勧めサイズでお待ちしております。
規格サイズは小ロットにもご対応が可能な、お客様にもとても魅力的なサービスであります。
正規格サイズオーダーの正規格サイズには正面幅320mm(W)×奥行110mm(D)×ご指定天地(H)mmのご依頼であれば300枚からお求め易い手提げ袋のご案内ができる実力のサービスです。他の規格サイズに関しても、500枚からの小ロットのご依頼にご対応でき、しかも低予算のご依頼にも収まる魅力的な安さをご案内いたします。紙袋を安さ優先でお考え、ご検討中の方には朗報と言えるでしょう。使用用紙は片艶晒(カタツヤサラシ)クラフトを使用。井上工業所が用いる片艶晒クラフトは地球環境にとても優しいリサイクル紙を率先した使用に心がけています。古紙配合率が30%でありながら、折加工にも強く、上等な白色度を保ったリサイクル用紙です。皆様の紙袋も地球環境保護に一役かっています。人々が一番使った言葉を流行語としたのはいつ頃からでしょうか。その流行語はいつも世相を反映していて納得です。
S30年代 好景気になった時代。もはや戦後ではないと、地方から「金の卵」として都会へ就職してきた時代。そして「高度成長」時代に突入。団地が多く建てられ、団地に人々は住むようになりました。S40年代 経済大国となり「モーレツニッポン」。S50年代 「複合汚染光化学スモッグ」。先の見えない時代に入り、「おしん」のオシンシンドローム。
S60年代 「オヤジ女子」「立ち食いソバ女子」いろんな分野で男女のさかいが無くなりつつありました。平成になって「イクメン」など、昨年は「ジェジェジェ」「今でしょう」そこらへんまでは、理解出来ていましたが、今年は「ダメよダメダメ~」とか。キモカワイイを通り越していません?
高校生の流行語ってご存知ですか。携帯やスマホのメールから来るものが多い様です。
「り」そうです。「了解」が「りょ」になり、もっと簡単になったものです。
「がんなえ」は「ガーンとなえる」ことで、思いっきり落ち込む時に使います。
「いぇあ」は「YEAH」英語のイエーの略語。「じわる」じわじわと笑いの感情がこみ上げてくる、ぱっと見はそうでもないが、ジワリと笑ってしまう時に使うそうです。
おもしろいところでは、「秒」は、すぐに着くこと。「いちきた」一時帰宅。「がんダ」がんばって良かった、全力疾走した時などに使うそうです。「イケ化」以前は、そうでも無かった男子が、イケメンになった、カッコ良くなったこと。
1人2台の携帯電話時代。日本語ではないけれど、日本語。メール語が全盛の時代になった略語です。感情を表し、友人を嫌な気にさせないらしいです。追いついていくのがやっとです。

墨1色で斬新な紙袋の両正面と両マチ全てデザインの異なる手提げ袋です。あらゆる可能性が出ているようで面白いですね。自由なデザインは、年齢の幅も広く受け入れられています。だからカッコ良くしたいものです。
井上工業所もユーザー様のご依頼に添える紙袋作りを致します。時代を越えて、時代を先んじて受け入れていきます。はじめて作る紙袋は実に簡単です。おおよそのデザインや、ロゴマークがお決まりになれば、デザインデータのレイアウトのお手伝いからさせて頂いています。ご遠慮なくお気軽にお問合せ下さい。(先述)「秒」とまでは行きませんが、敏速にご対応させて頂きます。


事例一覧はこちら

詳細ページはこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.