• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋コラム

未晒クラフトの使い方

■未晒クラフトの使い方

未晒クラフトは晒クラフトと分類されており、薬品などで漂白されていない状態です。手触りなども比較的ざらざらとしており、色彩も茶色となっています。段ボールに近い状態の紙ですが、晒クラフトに比べると価格が安く、シンプルなデザインで紙袋を量産したい、と考えている方にとっては価格も安価に済みます。また、未晒クラフトは、晒クラフトと比較すると強度も高いため、多少重い製品を梱包する用途でも耐久性があります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■未晒クラフトのメリット

未晒クラフトは、見た目も茶色で晒クラフトの白色の用紙に比べるとざらざらした感じがあるため、カジュアルでワイルドな印象となっています。庶民的な印象の商品を扱うのであれば、丁寧に梱包する晒クラフトと比較すると、未晒クラフトは、汎用性が高く、利用しやすいところが多いため、紙袋を使う状況に応じて使い分けることが可能となっています。
また、コスト的にも安価となっているため、簡易な商品の包装用の紙袋として、ビニール袋などと違う利便性があるためお勧めです。大量に使用する予定がある場合にもお勧めできます。

 

■未晒クラフトに向いている業種は?

未晒クラフトは、ワイルドかつシンプルな作りの紙袋に向いているため、アウトドア関係、雑貨店、古本店など、あまり包装にこだわるよりもシンプルに商品を梱包したい業種に向いています。ビニールの袋とは違う、自然な印象を与えることが出来るので、商品を受け取ったお客様にも安っぽい印象を与えずに済みます。
また、紙袋を多数使うことが多い業種や、ある程度強度を求めたい紙袋を検討されている場合なども調整が可能なので、臨機応変に紙袋を使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

【その他のコラムが気になる方へ】

コラム一覧はこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.