• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋作成事例

地方公共団体様の規格サイズオーダー紙袋作成事例

カテゴリ 規格サイズオーダー 正面幅260mm(W)
業種 地方公共団体
都道府県 島根県
枚数 1,000枚
製品単価/枚 140円台

用紙 コート用紙
サイズ 正面幅260mm(W)×マチ幅100mm(D)×325mm(H)
印刷 印刷カラー4色(C,M,Y,K)
表面処理 マットラミネート(ツヤ消し)
提げ手 ハッピータックタイプ
オプション 底面補強の底ボール台紙入り 
お客様ご指定場所までの運賃送料は無料!!*離島は除く

正面幅260mm規格サイズオーダーは、低価格紙袋の強い味方です。

井上工業所が最も得意とする規格サイズでのご依頼品のご紹介です。260mm正面×100mmのマチ幅は、井上工業所の準規格サイズで、紙袋ユーザー様に低価格にお作りいただけるサイズ、それが、自慢の陣規格サイズオーダーになります。
260㎜正面幅規格サイズオーダーは、A4サイズをもカバーしている、優れたサイズです。天地(H)mmはご指定頂けるスタイルなので多くのユーザー様に支持されています。
井上工業所の規格サイズが多くご依頼いただけるのか?それは紙袋のサイズの統一にあります。井上工業所では正規格サイズの320㎜正面幅オーダーをメインサイズとして、準規格サイズの260㎜正面幅、220㎜正面幅の設定製袋生産ラインがあり、ユーザー様にあまえて、弊社の生産ラインに合わせて頂く事で、多くの共同生産をする事により、少しでも製袋加工賃のコストを抑え込み、納期短縮に結びつくのです。
つまり数多くのユーザー様にご依頼いただけているので、規格サイズの生産ラインが成立したシステムとして成功しているのです。
決して規格サイズに偏った生産方法は行ってはいません。
オリジナル紙袋がお客様に激安でお作り頂ける事に気づいていただけ、お届けできる手段として、規格サイズオーダーをお勧め致します。
ジャストニーズフルオーダーも規格サイズに劣らず、多くの紙袋ユーザー様にご支持、ご支援いただき喜んで頂けています。
記念式典でご使用いただけました。とても重要な式典に使用頂け、井上工業所も誇らしい気持ちにさせて頂いています。この様な式典や行事、催し物事などに、とても重宝頂けるサイズです。
260mm正面幅なら500枚から、320mm正面幅なら300枚の小ロット対応が井上工業所の魅力でもあります。お客様のニーズに合わせた紙袋、手提げ袋作りが自慢です。

美・紙袋そんなワードがピッタリの紙袋ができました。
古都の雰囲気を控えめながら彩りの花々を散らし、横に深い緑の幅広のラインにコピーを載せています。華やかながら品のある紙袋です。晴れやかな日にもピッタリと合う上品な仕上がりの手提げ袋になりました。
嵐が去ったあとは何かすがすがしい気持ちになります。自然の脅威は、都会よりも郊外のほうが身近に感じるからかもしれません。
何事もなく過ぎたほっとした安堵感は、草や木、花もあぜ道の石ころさえからも感じます。雲も薄い尾を空に溶けこませ、晴れた青空に向って、うーんと伸びをする爽やかさは格別です。
季節はずれに舞う蝶もこんなひとときを楽しんで舞っています。まるで源氏物語に出てくるこのような風情は一番美しいのです。
静かな林の中を抜けると一面にこぼれるような、紅の固まりが突然あらわれ、萩の花が静かに盛りを誇っていました。
光琳の絵のように美しく、その時季にこの場所に行ったことを、一生の内にこのように晴々と気持ちのよい日はないかもしれないなあって、萩の咲く頃になると思い出します。
以前、奈良の正倉院の宝物を観賞しに行きました。楽器の琵琶の模様には、萩や草花の螺鈿がいっぱいにほどこされていました。奈良時代の工芸品は色褪せることのない細工でした。展示されていた宝物を見ていると、私たちをタイムスリップさせてくれ、いにしえの時に連れていってくれました。不思議な感覚になりました。

むかしからあった「秋の七草」は花を”見る”ことを楽しむもののようです。
山上憶良が万葉集の歌で選定しました。「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」萩(はぎ)。尾花(おばな)→ 薄(すすき)。葛花(くずばな)→ 葛(くず)。撫子(なでしこ)。女郎花(おみなえし)。藤袴(ふじばかま)。朝貌(あさがお)→ 桔梗のこと。
春の七草は七草粥にして食べるなど、”食”を楽しむものですが、このように秋は目で見る七草。季節感をあまり感じなくなった現代ですが、季節のならわしを大事にしながら日々過ごしていきたいですね。

4色フルカラー(C,M,Y,K)の紙袋は素敵なデザインで、思う存分にスペースを全面クリエイトできます。
井上工業所のフルカラーの綺麗さは定評があります。手に取ってみると、まるで絵画のような感覚にさえなります。使い終わった後に捨てるにはもったいない出来栄え。
ぜひ井上工業所のフルカラー手提げをお試しください。ご依頼お待ちしております。


事例一覧はこちら

詳細ページはこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.