• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋コラム

片艶晒クラフトの材質と紙袋の使い方

■片艶晒クラフトの利用用途

片艶晒クラフトは紙の中でも比較的強度があり、表面はすべすべした手触りでデザインなどもしやすい材質となっています。低コストであるため、紙袋の材質としても使われることが多い製品です。
包装用の用紙や緩衝材などに使われることもあり、汎用性の高い紙として知られています。価格も安いため、販促用の紙袋などに使用されることも多くあります。近年は弊社をはじめとしてメーカーの技術が高くなったため、サイズやロゴ、デザインなど希望条件に応じて柔軟に利用が出来る紙袋として評価されている材質の一つです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■片艶晒クラフトのメリット

片艶晒クラフトを使う場合、紙の中でも比較的低価格で、紙袋などで利用するときに丈夫であるため、多少重い紙を入れた場合でも、耐久性が十分に確保されている、というメリットがあります。また、大量に紙袋を発注したとしても、布などの製品に比べてかなり安価に利用することが出来る、というメリットもあります。
弊社であれば、片艶晒クラフトの紙袋のタイプをさまざま用意しているので、お客様のニーズにお応えすることが可能です。保管料以外、送料がかからないので、遠方からの発注でも中途で発生するコストやマージンが発生しないので利用しやすくなっています。

 

■片艶晒クラフトが向いている業種は?

紙の材質に関しては同じ片艶晒クラフトでも、若干材質が違うため、用途に応じて使い分けるようにしておくことがよいでしょう。ただ、基本的に「オールマイティ」に利用することが出来るため、使いやすい材質の一つといえます。紙袋を製作したい、というご要望があった時点で予算や実際に作る袋のタイプなどに相談に応しますので、希望に合った紙袋をすぐに製作しお渡しすることが可能です。

 

【その他のコラムが気になる方へ】

コラム一覧はこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.