• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋コラム

アクリル丸ヒモの用途と合う袋の組み合わせ

■アクリル丸ヒモ(スピンドル)の特徴

アクリル丸ヒモ(スピンドル)は通称「カラーヒモ」などとも呼ばれることがあります。スニーカーのヒモのように手触りが柔らかく、アクリル製のヒモの中でも一定の強度があるため、高級感のある紙袋を製作したいときにお勧めの素材となっています。紙袋を持っている途中にヒモが切れてしまう心配がない、水などで強度が弱くなることがない、などの特徴があります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■アクリル丸ヒモ(スピンドル)のメリット

アクリル丸ヒモ(スピンドル)のメリットは、見た目にもやわらかな自然なヒモの感じで、カジュアルな印象を持ってもらうことができます。基本的に紙袋にある程度のアクセントや高級感を持たせたい、という趣旨で製作するときにはマッチする材質となっています。紙袋でデザインにこだわる場合や、印刷と取っ手部分とのマッチングを考えたときにも、相性がよくなっています。

 

■アクリル丸ヒモ(スピンドル)のお勧めの袋

アクリル丸ヒモ(スピンドル)は、おしゃれな感じな印象を与えることが出来るため、不動産関係の展示資料を入れる袋やシューズショップ、アパレル店や一般のショップでもよく使われています。袋を貰っても「安っぽい」印象を与えず、もらった人に好印象を持ってもらう場合などによく使われています。
紙袋の取っ手部分の中では高級な素材に入りますが、小ロットの場合で紙袋全体をコート紙にして塗装を加えるなどの要望があるときには、こだわりたい部分の一つとなるため、ぜひ検討をしてみてはいかがでしょうか。状況に応じて臨機応変に紙質をこだわることが可能なので、ヒモのカラーなどにも配慮してみてはいかがでしょうか。小ロットからでも対応可能です。

 

【その他のコラムが気になる方へ】

コラム一覧はこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.