• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋コラム

紙単丸ヒモの使い方とメリット

■紙単丸ヒモの材質

紙単丸ヒモの材質は、基本的に紙のヒモを束にまとめてひも状に強度を高めたものです。材質が紙であるため、プラスチック用品とは違いリサイクルのときにも使用することができます。紙質もソフトに仕上げているため、手触りがよく自然な形に仕上げることが可能です。コストも比較的安価に済むため、コストを抑えて紙袋を製作したいときにお勧めです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■紙単丸ヒモのメリット

紙単丸ヒモは、紙の材質が安価であるため、大量に紙袋を製作するときにも汎用性が高くなっています。色彩も様々なカラーに対応しており、紙質も状況に応じて臨機応変に選ぶことが可能なので、比較的自然な紙質を選択することが出来ることも人気の一つになっています。
大量に紙袋を作りたい、というときにも紙袋の材質を選ばず、幅広い用途にもマッチするため、使いやすいヒモの一つになっています。天然素材であるため、見た目にも自然な印象を持つことができます。

 

■紙単丸ヒモのお勧めの業種

紙単丸ヒモは低コストで、触れた感触も悪くないため、大量に毎日の営業で紙袋を使用するときなどに使用しやすい材質になっています。具体的にはお菓子店や食品を扱う業種であれば、紙袋の取っ手部分が自然な仕上がりとなっており使いやすいことが特徴になっています。
紙質も自然な感じで、違和感がない仕上がりとなるため、使いやすいことが特徴となっています。紙の材質や、色彩もある程度自由に選択することが可能なので、紙袋の紙の材質やデザインと合わせて選べば全体的にもよい印象の袋を製作することが可能です。コストも全体的に安価にすることができるので、ヒモの部分で紙袋全体の費用を高くしなくて済む、というメリットがあります。

 

【その他のコラムが気になる方へ】

コラム一覧はこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.