• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋コラム

PPヒモの使い方と用途

■PPヒモの素材と特徴

PPヒモは、素材はポリプロピレンから出来ており、他のヒモに比べて価格が安価で、太さなどを調整しやすいため、強度の調整がしやすい、というメリットがあります。一般的には、梱包用のヒモとして使い捨てで使用されることも多くなっています。紙袋のヒモとして使われることも多く、手触りがソフトでサイズに関わらず使いやすくなっていることが特徴です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■PPヒモのメリット

PPヒモのメリットは、紙袋で使用する場合にはヒモの材質が安価であるため、コストをかけずに紙袋を作ることが出来ます。大量に紙袋を作る場合や、それほどデザインや紙袋の出来栄えにこだわる必要がないときには、コストを下げて紙袋を作ることが出来る、などのメリットがあります。材質の色彩も基本的に自由に選ぶことが出来るので、希望に合わせて選択をしやすくなっています。

 

■PPヒモのお勧めの袋

PPヒモのお勧めの袋は、価格重視で紙袋を作成したいときには、低コストで大量に製作することができます。袋の多きさやサイズ、ロット数に関わらずコスト全体を大幅に削減することができます。また、PPヒモは汎用性が高いため、基本的にどの紙質にも対応をすることができます。ヒモの大きさなども調整することが可能であるため、もったときに違和感を感じないように仕上げることができます。
PPヒモをよく使う業者としては、紙袋を多く使用するリサイクルショップや古本店、アウトドア用品などを扱う店舗であれば、紙袋全体のコストを抑えることが可能です。また、シンプルな作りの紙袋でよいときも、PPヒモでは基本的にどの部分にもマッチするため、柔軟に使用することが出来ることが特徴になっています。

 

【その他のコラムが気になる方へ】

コラム一覧はこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.