• 紙袋の事例一覧
  • Menu List
  • オーダーメイド紙袋
  • ジャストニーズフルオーダー
  • 規格サイズオーダー
  • A4サイズオーダー
  • カラークラフトオーダー
  • ボトル対応サイズオーダー
  • 規格サイズ小ロット対応オーダー
  • 宅配便ジャストニーズフルオーダー
  • セミオーダー紙袋
  • A4ファイル対応サイズ・カラークラフト紙袋
  • プラハンドルグロスラミネートバッグ
  • スタンダードGOODクオリティーバッグ
  • スタンダードフレンドリーバッグ
  • 規格サイズオーダー宅配袋
  • 紙袋のまめ知識コンテンツ集
  • お客様の声まとめ
  • よくあるご質問にお答えいたします
  • よくわかる印刷工程特集
  • 未晒しクラフト紙
  • 提げ手について
  • 紙袋の作り方
  • デザインデータ入稿
  • 紙袋製造工程
  • 手提げ袋価格リメイクサービス
  • お問い合わせはこちらから

紙袋コラム更新情報

紙袋コラム一覧はこちら

紙袋コラム

半晒クラフトの紙質の特徴と利用法

■半晒クラフトの特徴

半晒クラフトは、晒クラフト、未晒クラフトの3種に大別される中の中間に位置します。未晒クラフトよりも、若干茶色の色彩は薄くなり、薄い茶、もしくは黄色に近い色彩となっています。若干ざらざらした手触りがあり、晒クラフトと比べると、カジュアルな印象を与える作りになっています。晒クラフトよりも強度は強いものの、未晒クラフトと比較すると、材質的にはやや強度が劣ります。現在は退色を防ぐために、すでに退色の限界点に近づいた古紙を使用した半晒クラフトも登場しており、一般的に利用されています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■半晒クラフトのメリット

半晒クラフトは未晒クラフトなどに比べると、やさしい印象を与える色彩となっているため、比較的幅広い用途に利用しやすい、などの特徴があります。ざらざらして、それほどワイルドな印象を与えない、カジュアルな印象になっているため、販促用の紙袋から包装のための紙袋まで幅広く利用することが可能です。半晒クラフトはど晒クラフトほどではありませんが、ある程度は印刷が可能で、簡易なロゴやデザインであれば対応可能となっています。

 

■半晒クラフトに向いている業者

半晒クラフトに向いている業種は、カジュアルな服装を扱う洋服店や、雑貨店、ゲームやホビー関係で紙袋を利用するときには、簡易なロゴなども入れられますし、コストも比較的安価に抑えることが可能なので、利便性が高いことが特徴になっています。紙袋の中でもそれほどコストがかからないため、量産してストックしておく、などの方法を取ることも可能です。未晒クラフトと比較しても、紙の材質ではある程度の強度を確保することが可能なので、幅広い商品に使用することができます。

 

【その他のコラムが気になる方へ】

コラム一覧はこちら

有限会社井上工業所 Copyright © 2012 Inoue kougyousyo. All Rights Reserved.